【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 売却の前に査定すべき!不動産売却と査定の種類

売却の前に査定すべき!不動産売却と査定の種類

不動産売却を検討するとき、重要なのは所有している不動産にどれくらいの資産価値があるかを把握することです。

 

売却の際には、不動産の価値の査定を依頼することになります。

 

今回は、不動産売却の査定について、簡易査定と訪問査定の内容なども含めご紹介していきます。

 

不動産売却と査定の種類:売却の前に査定すべき


不動産売却と査定の種類

 

不動産売却を検討する場合には、まず売却の前に査定すべきでしょう。

 

住み替え、ローンの借り換え、および遺産相続など、どのような場合であっても査定は重要です。

 

仮に自身の保有する不動産の査定額を知らずに売却した場合、悪徳な不動産会社に売りたたかれて、思わぬ大損をすることも大いに考えられるのです。

 

もちろん、どうしても早くお金が必要である場合にも、不動産売却の前に査定すべきでしょう。

 

そのような事情があればなおさら、安い金額での売買を余儀なくされることもあるからです。

 

大きく分けた査定の種類として、不動産会社が行う無料査定と、不動産鑑定士が行う有料査定とがありますが、どちらがよいとは一概にはいえません。

 

不動産鑑定士が行う査定については、公的なデータを参照することにより、実際の売買相場よりも安く見積もられることが多いといえます。

 

その鑑定方法についても鑑定士によって違いがあるので、それぞれの査定額はあくまでも査定額であると認識し、後悔しないような価格設定をすべきでしょう

 

不動産売却と査定の種類:簡易査定と訪問査定

 

不動産の査定の種類は、無料査定と有料査定以外に、その方法で分類をした簡易査定と訪問査定の概念があります。

 

簡易査定は、あくまで机上で行われ、現地訪問はせず得られたデータをもとに査定額を算出する方法です。

 

過去の売買データや、市場動向などに基づいて算出されます。

 

簡易査定にもそれなりの妥当性はありますが、現場を見ていないこともあり、価格が高く設定されることもあります。

 

一方で、簡易査定のデータを踏まえたうえで、現地で行うのが訪問査定です。

 

こちらの場合は、周辺環境、道路との接道関係、眺望に始まり、実際の使用状況や傷、メンテナンス実施状況など、さまざまな要素を含んだうえで査定額が算出されます。

 

したがって、訪問査定は精度が高い査定価格が算出されるといえるでしょう。

 

まとめ

 

さまざまな理由があったとしても、不動産売却の前に査定をするのは必須事項といえるでしょう。

 

査定の種類には有料査定と無料査定の概念のほかに、簡易査定と訪問査定の概念があります。

 

しかし、算出された査定額はあくまでも査定額ですので、その査定額をうのみにせず、自分が納得できる価格設定をし、売りに出すのが賢明といえるでしょう。


私たち株式会社アフロ 心斎橋店では、大阪市の売買物件を多数取り揃えております。

 

住まい探しの際は、お気軽に当社までお問い合わせください!


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|初めての一人暮らし!どんな準備が必要なの?   記事一覧   知っておくと安心!大阪市中央区で休日診療を行う病院を紹介|次へ ≫

トップへ戻る