【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 居抜き物件で出店コストを削減!メリットと注意点とは?

居抜き物件で出店コストを削減!メリットと注意点とは?

みなさんは飲食店を始めるとき、居抜き物件での出店を考えたことはありますか?

 

居抜き物件とは今まで別の飲食店が入っていたテナントを再利用して出店することです。

 

以前、お店だったテナントを再利用することで出店コストを削減するメリットもありますが、注意点もあることを忘れてはいけません。

 

今回は居抜き物件についてメリットと注意点について紹介します!


コスト削減ができる居抜き物件のメリット

 

コスト削減ができる居抜き物件のメリット

 

居抜き物件を利用する一番のメリットは初期費用が抑えられるという点です。

 

<以前使っていたお店の内装を再利用できる!>

 

一番のメリットは数百万円とかかる内装費用を抑えられることです。

 

再利用したお店ではカウンターなどの設備をほとんど変えず、壁紙だけを変更する飲食店もあります。

 

そのことにより内装費用は数十万円で済むことも可能です。

 

<以前使っていた設備や厨房機器も利用できる!>

 

次のメリットは、前のお店の機材をそのまま利用できるという点ではないでしょうか。

 

昔テナントだった場所に設備や厨房機器材は置かれたままという物件も少なくありません。

 

特に焼肉店や焼き鳥店などは焼き物専用の空調が必要なため、以前使っていた空調設備を再利用することで安く済ませることができます。

 

コスト削減ができる居抜き物件の注意点とは?

 

コストが削減できるメリットもありますが、注意点も存在することを忘れてはいけません。

 

ここでは注意点も紹介していきます。

 

<居抜き物件の探す場合には>

 

居抜き物件となった空きテナントを探す際は、直接オーナーに連絡することが一番です。

 

それ以外に不動産会社に連絡をすると空きテナントの情報を知ることができます。

 

また、空きのテナントと契約する前に、以前閉店した理由を知っておくといいでしょう。

 

立地環境の変化などを知ることも大事です。

 

今後同じ立地に出店しても問題ないか、見極める判断の基準にもなります。

 

<メンテナンス費用が多くかかる場合がある>

 

次に居抜き物件の注意点としては費用がかかる場合があるという点です。

 

置いてある機材を使用する場合、以前の持ち主から使用料を請求される場合もあるでしょう。

 

また、出店の際は思ったほどコストがかからなかったとしても、メンテナンスや買い替えの費用が多くかかるケースも少なくないようです。

 

空きテナントを利用して出店した人の中には、新規出店とあまり費用が変わらなかった場合もあるので注意しましょう。

 

まとめ

 

今回は居抜き物件についてメリットと注意点を紹介しました。

 

空きテナントの再利用は設備も整っていてメリットが高いように感じます。

 

しかし、物件をちゃんと確認をしないと、将来的に費用がかかってしまうこともあります。

 

居抜き物件になった空きテナントを検討する際は、リスクがあることを理解して物件探しをしましょう。


私たち式会社アフロ テナント事業部では、大阪市中心部の不動産情報を豊富に取り扱っております。

ネットに掲載していない、水面下での極秘物件も多数取り扱っております。

 

テナント物件をお探しでしたら、当社までご連絡ください


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う、営業時間短縮のお知らせ   記事一覧   空室だらけで損をしないために収益物件で入居率を上げる方法をご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る