【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 不動産の相続に遺言を残す!公正証書遺言のメリットとデメリット

不動産の相続に遺言を残す!公正証書遺言のメリットとデメリット

不動産の相続トラブルを防ぐために、遺言を遺したいと考える方は多いと思います。

 

不動産相続に限った話ではありませんが、遺言には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2種類があります。

 

今回は公正証書遺言について、メリットとデメリットを詳しくご紹介しましょう。


公正証書遺言のメリット

 

不動産の相続①公正証書遺言のメリット


まずは、公正証書遺言のメリットからご紹介します。

 

①無効のリスクがない

 

公正証書遺言は、公証役場や指定した場所で、公証人の立ち会いのもと遺言を作成していきます。

 

専門知識を持った公証人が立ち会って作成していくため、形式に間違いがあって無効になるリスクがありません。

 

②紛失の恐れがない

 

公証人が立ち会って作成された遺言は、公証役場に厳重に保管されます。

 

自宅の金庫などで管理する必要がないため、紛失の心配がありません。

 

③改ざんの心配がない

 

遺言を自宅などで保管していると、悪意を持った第三者が内容を書き換えるリスクがあります。

 

公正証書遺言は公証役場に保管されているため、改ざんされる心配がありません。

 

④家庭裁判所の検認が不要

 

自筆証書遺言は、遺言書が発見されたときには家庭裁判所に持ち込み、その遺言書が正式なものかを検認してもらう必要があります。

 

公正証書遺言は家庭裁判所の検認が不要なため、手続きに時間がかかりません。


⑤字が書けなくても遺言を遺せる

 

遺言者が自筆で書かなければならない自筆証書遺言と違って、公正証書遺言は、公証人が遺言書を作成できるのもメリットです。

 

署名は必要となりますが、遺言者が署名できない場合には、公証人が署名できない理由を明記すればよいとされています。

 

不動産の相続②公正証書遺言のデメリット


それでは次に、公正証書遺言のデメリットも確認しておきましょう。

 

①費用がかかる

 

公正証書遺言を作成するには、手数料がかかります。

 

記載する財産がいくらかによって手数料が変動するため、遺す財産が高額の場合、手数料が高くなるのがデメリットです。

 

②手続きが面倒で時間がかかる

 

公正証書遺言を遺すためには、事前相談に行ったり、遺言を遺す日を決めたり、証人を2名探したりする必要があるため、面倒に感じる方も多いようです。

 

③遺言の内容を秘密にできない

 

公正証書遺言を作成するときには、公証人の他にも2人の証人が立ち会う必要があります。

 

そのため、遺言の内容を誰にも秘密にしておくということはできません。

 

まとめ


公正証書遺言には、メリットばかりではなくデメリットもあります。

 

自筆証書遺言とも比較しながら、不動産の相続をスムーズに進めるためにはどちらが最適か検討してみてください。


私たち株式会社アフロ 心斎橋店では、大阪市浪速区・中央区の不動産情報を豊富に取り扱っております。

 

不動産の相続に関するご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください

不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う、営業時間短縮のお知らせ   記事一覧   オープンハウス終了|次へ ≫

トップへ戻る