【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 相続税を節税する生前贈与とは?やり方やメリットデメリット!

相続税を節税する生前贈与とは?やり方やメリットデメリット!

生前贈与は相続税の節税対策として有効な手段です。

 

財産の多いケースで検討すると効果がありますが、ケースによっては贈与税がかかるのでしっかり試算するのが大切です。

 

生前贈与のやり方とメリットデメリットについてみていきましょう。


相続税を節税する生前贈与とは?やり方やメリットデメリット!


 

相続税の節税対策!生前贈与のやり方とは?


 

節税対策になる生前贈与のやり方には、暦年課税と相続時精算課税の2種類があります。

 

どちらも控除が受けられますが、控除額や納税タイミングなどが異なるので、しっかりした試算が大切です。

 

暦年課税制度

暦年課税は110万円の基礎控除を超えると贈与税のかかる制度です。

 

11日~1231日に受け取った贈与の合計額で算出しますよ。

 

110万円を超えた部分の税額と、相続で受け取る際の税額を試算して、お得になるよう贈与しておくと効果的に節税できます。

 

相続時精算課税制度

2,500万円まで贈与税のかからない制度で、対象者には年齢制限があります。

 

贈与する親や祖父母は60歳以上で、贈与される子や孫は20歳以上です。

 

ポイントは将来に税金が清算される点で、贈与された財産はのちの相続税の対象となります。

 

つまり、この制度は根本的な控除や減税にならず、納税が後回しになるだけなので注意が必要です。

 

生前贈与で相続税を節税するメリットデメリットとは?


 

生前贈与で税金を軽減させるメリットデメリットとは何か、それぞれ2つみていきましょう。

 

生前贈与のメリット

・課税対象財産を減らせる

・自由な財産分与

 

贈与税のかからない年間110万円以下で贈与すれば、相続財産に対する課税が少なくてすみます。

 

贈与では贈与者や贈与割合に決まりがないので、自由に財産を渡せて、手続きも比較的簡単です。

 

生前贈与のデメリット

・税務署からの否認の可能性

・定期贈与として扱われる

 

現金の手渡しやへそくりなどは、税務署から贈与を否認される可能性があります。

 

「贈与契約書」を作成して、生前贈与の証明をできるようにしておくと安心です。

 

毎年同額を贈与していると、定期贈与として贈与税を課せられるケースがあるので注意しましょう。

 

また、亡くなる3年以内の贈与は相続として扱われるので、相続税がかかりますよ。

 

まとめ


 

節税のために生前贈与を活用するなら、やり方をきちんと確認しましょう。

 

控除額や納税のタイミング、贈与するメリットデメリットの把握をして、しっかり比較検討するのが大切です。

 

親や祖父母からの財産をできるだけ残せるよう、専門家に相談しながら贈与の制度を学んでおいてくださいね。

 

私たち株式会社アフロでは、大阪市内の不動産情報を豊富に取り扱っております。

 

土地建物の売却でお困りでしたら、当社までご連絡ください 不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|親子で気軽に遊べる!大阪市浪速区の「リトルおやつタウンNamba」   記事一覧   不動産相続でトラブルの起こりやすい遺留分とは?|次へ ≫

トップへ戻る