株式会社アフロ > 株式会社アフロ AFLO心斎橋店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入に利用できるフラット35のメリット・デメリットとは?

不動産購入に利用できるフラット35のメリット・デメリットとは?

不動産購入に利用できるフラット35のメリット・デメリットとは?

マイホームなどの不動産を購入するとき、住宅ローンを利用するのが一般的です。
さまざまな金利タイプがあるなかで人気を集めているのが、フラット35です。
そこでフラット35とはどのような住宅ローンなのか、確認していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入におけるフラット35とは?

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携している住宅ローンのことです。
全期間固定金利タイプなので、借入時点で総返済額を見通せるのが特徴です。
使途は本人や親族が居住する不動産の建築・購入のみで、賃貸用や投資用不動産には利用できません。
決められた用途以外に利用した場合、住宅金融支援機構から一括返済を求められるので注意してください。

フラット35の利用条件

フラット35を利用できる主な条件は、次の通りです。

●申込時の年齢が70歳未満(親子リレーの場合は70歳以上でも可)
●日本国籍のある方、永住許可のある方、特別永住者


また年間の返済額が、下記の基準を満たしていることも条件です。

●年収400万円未満:30%以下
●年収400万円以上:35%以下


なお年収は世帯収入を合算することも可能です。
対象は申し込み本人と同居している(配偶者・親・子など)で、申込時点の年齢が70歳未満かつ連帯保証人になれる方が1名までです。
そして購入する不動産について、建物部分には次の条件があります。

●一戸建て、連続建て、重ね建て:70平方メートル以上
●マンションなどの共同建て:専有面積30平方メートル以上

不動産購入でフラット35を利用するメリット・デメリット

不動産購入に便利なフラット35ですが、いくつかのメリット・デメリットがあります。

メリット

フラット35は変動金利型と異なり、固定金利により借入時点で返済金額が確定します。
そのため返済計画を立てやすい点がメリットです。
さらに耐震性能や断熱性能が「フラット35S」の基準を満たしていれば、借入当初(5年もしくは10年)に優遇金利を受けられます。
また保証料が不要で、繰り上げ返済の手数料もいらないなど、諸費用をおさえたい方におすすめです。

デメリット

フラット35のデメリットは、借入時点の金利が高く設定されている点です。
また金利相場が低下しても金利は変わらないため、返済額が少なくなることもありません。
有利な金利の住宅ローンに借り換える方法もありますが、手数料などで必ずしも返済額軽減にはつながらない点に注意してください。

要チェック|ファミリー向け物件特集

まとめ

フラット35とは何かについて紹介しました。
不動産購入に便利なので、マイホームを取得予定の方はメリット・デメリットを確認し、自分にぴったりの住宅ローンを選択しましょう。
私たち株式会社アフロでは、大阪市市内の売買物件を多数取り揃えております。
住まい探しの際は、お気軽に当社までお問い合わせください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ハザードマップが不動産の売却価格に与える影響とは?   記事一覧   「困った」を解決!住宅ローンの支払いが厳しいときの対処法とは?|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約