【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 平屋の不動産は売却しにくい?その理由と売却のポイントをご紹介

平屋の不動産は売却しにくい?その理由と売却のポイントをご紹介

平屋の不動産は売却しにくい?その理由と売却のポイントをご紹介

平屋は、一般的な2階建ての家に比べ、売却しにくいと言われることがあります。
しかし近年、平屋での生活を検討する人が増えているのも事実です。
この記事では、平屋が売却しにくいと言われている理由と、平屋を売却するためにおさえておきたいポイントをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

平屋の不動産が売却しにくいと言われる理由

平屋は、2階建ての家に比べ部屋数が少ないので、子どもがいる家族には敬遠されやすいです。
また日当たりや立地の点でも、平屋より2階建てを選ぶ人が多いかもしれません。
たとえば、日当たりについては、平屋の場合リビングがもっとも日当たりの良い場所にあるので、必然的に家の中心部分まで日差しが届かないことがあります。
また、平屋を検討している人は間取りにこだわることが多いので、条件がマッチしにくいことも平屋が売却しにくい理由のひとつです。
さらに立地によっては、これまで実際に浸水したことはなくても、水害を気にして購入をためらうこともあるようです。

平屋の不動産を売却するポイント

一見売却しにくいと思われがちな平屋ですが、冒頭で述べたように平屋での生活を検討している人は増えており、その需要は増しています。
では、実際にどんな人が平屋に住みたいと思っているのでしょうか。
平屋は、階段の昇り降りがないので掃除や家事がしやすく、ワンフロア内に生活に必要なものがすべてあるので、家族のコミュニケーションがしやすいというメリットがあります。
とくに、子どもが独立した夫婦や高齢者、老後もずっと住み続けられる家を探している人にとって、平屋は好印象の家なのです。
また、平屋は安全で、さらに庭があれば遊んだり自然とふれあえたりするので、小さな子どものいる家庭にも人気の不動産です。
このように、平屋での生活を検討している一定数の人たちに上手にアピールできれば、平屋の不動産の売却は決して難しくありません。
まず売却する際のポイントとして、外観を美しくしておくことは大切です。
外壁はもちろん、平屋の場合屋根まで視界に入るので、屋根に破損や汚れがないようにしておきましょう。
庭もよく手入れをしておくことで、不動産全体の魅力をアピールできます。
くわえて、家の中のフローリングや壁などを、必要であればリフォームしておくことで、値引きも避けられます。
もし建物が古い場合は、リフォームよりも解体するほうが買い手を見つけやすいかもしれません。

まとめ

平屋は、確かに売却しにくい理由はいくつかあるものの、一定数の需要があるのも事実です。
信頼できる不動産会社に仲介を依頼し、アドバイスを求めつつ、上記のポイントをおさえてアピールすれば、相場もしくは相場よりも高値で売却することも夢ではありません。
私たち株式会社アフロでは、大阪市浪速区・中央区の不動産情報を豊富に取り扱っております。
部屋探しだけでなく、収益物件に関するご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|不動産売買をおこなうときの売買契約書とは?注意すべきポイントをご紹介   記事一覧   不動産売却を検討中の方必見!値引き交渉されたときはどうする?|次へ ≫

トップへ戻る