【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 同族会社に不動産を売却するメリットと注意点とは?

同族会社に不動産を売却するメリットと注意点とは?

同族会社に不動産を売却するメリットと注意点とは?

さまざまな理由で、不動産を同族会社に売却するというのは意外とよくあるケースですが、こうした取引は実際どんなメリットや注意点があるのでしょうか?
今回は、同族会社に不動産を売却するメリット、および注意点を解説します。
不動産売却を検討されている方もぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

同族会社に不動産を売却することのメリットとは?

同族会社に不動産を売却する大きなメリットとして挙げられるのが、「売買が速やかに決まる」「売買価格の調整がある程度できる」ということです。
ごく一般的な不動産売却の場合、不動産会社が査定をして、その査定額を参考に売主が売り出し価格を決め、もし売れなければ価格を見直していく…という流れになり、場合によってはいつまでたっても売れない可能性もあります。
さらに、不動産売却で譲渡益(売却益)が出た場合は、その譲渡益に応じた税金も支払う必要があります。
しかし同族会社への不動産売却なら、お互いにスムーズに打ち合わせられるので売却完了までの期間が短く済みます。
しかも「譲渡益による多額の税金支払いをしなくて済むように、低い価格で売ろう」「いや逆に、税金支払いは覚悟のうえで、同族会社から了承を得て、相場よりも高い価格で買い取ってもらおう」という、ある程度の価格調整の自由度もあるのです。
これは、一般的な不動産売却ではまず得られない大きなメリットですね。

同族会社に不動産を売却することの注意点とはどんなもの?

同族会社に不動産を売却することには「ある程度の価格調整の自由度」など大きなメリットがあります。
しかし、この「価格調整の自由度」に対する考え方こそが、同族会社への不動産売却の最大の注意点でもあるのです。
ある程度は自由に価格調整できるとはいえ、市場価格とあまりにもかけ離れた価格で売却してしまうと、税務調査の対象となってしまうでしょう。
そもそも、同族会社への不動産売却は「取引価格が恣意的になりやすい」と税務署からも思われているので、元から目をつけられやすい取引なのです。
もし税務調査の対象となってしまい、取引価格の正当性をうまく説明できず、税務署が「この不動産売買取引は不正だ」と判断した場合、追徴課税されてしまいます。
「ある程度の自由度がある」といっても、極端なまでの価格づけをしてよいわけではないということです。
特に「本来の価格の半値以下で売った」といったケースはまず間違いなく税務調査の対象となりますので、そこまで極端な売買価格にはしないよう注意が必要になります。

まとめ

今回は同族会社への不動産取引について、そのメリットや注意点を解説しました。
取引価格の自由度は大きなメリットですが、最大の注意点でもあります。
価格調整ができるからといって、極端な安値や高値にすることは避ける必要があることを覚えておきましょう。
私たち株式会社アフロでは、大阪市内の不動産情報を豊富に取り扱っております。
土地建物の売却でお困りでしたら、当社までご連絡ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|不動産売買をおこなうときの売買契約書とは?注意すべきポイントをご紹介   記事一覧   不動産売却を検討中の方必見!値引き交渉されたときはどうする?|次へ ≫

トップへ戻る