【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 不動産購入時に利用できる残価設定型の住宅ローンの仕組みとは?

不動産購入時に利用できる残価設定型の住宅ローンの仕組みとは?

不動産購入時に利用できる残価設定型の住宅ローンの仕組みとは?

一生に一度の買い物になるかもしれない不動産は、何十年間もローンを組んで購入することが一般的です。
そんな住宅ローンですが、毎月の返済額をできるだけ少なくしたい方には残価設定型ローンがおすすめです。
そこで今回は、家を車のように購入できる残価設定型ローンのメリットとデメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入にも使える残価設定型の住宅ローンとは

そもそも残価設定型の住宅ローンとは、今までは主に車を購入する際に利用されていたローンの組み方を指します。
車を例にすると、本体料金から3~5年後に予想される将来価値を差し引いた金額のローンを組む方法です。
たとえば400万円の車を5年ローンで購入する際に、5年後に予想される価値が220万円の場合、差額の180万円を5年ローンで返済するという方法です。
5年後に180万円のローンを完済したら、以下の3つの選択肢を選べます。


●車を売却して残債金を一括返済する
●残債金を一括返済して車を買い取る
●残債金を返済するローンを再編成する


これが残価設定型ローンの仕組みです。
これまで、不動産購入で残価設定型ローンを使うことは一般的ではありませんでしたが、最近は不動産市場の変化から普及しつつあります。

不動産購入で残価設定型の住宅ローンを組むメリット・デメリット

残価設定型の住宅ローンを組む最大のメリットは、毎月の返済額を少なく済ませられる点にあります。
たとえば、5,000万円の不動産でも将来的な価格が2,000万円と予想されたら、差額の3,000万円のローンを組むことになります。
大きい家に住みたいけど、高い返済額は厳しいという方にはおすすめの方法です。
また、将来的に手放すことを想定しているので、住み替えを前提にしている方におすすめです。
子育てはマイホームでおこないたいけど、自立したらその後は賃貸に住みたいという方には最適でしょう。
一方、残価設定型の住宅ローンを組むデメリットは、将来価格の予想が難しいところにあります。
車のように3~5年程度なら予想がしやすいですが、不動産の35年後の価格を予想することは困難です。
そのため、ローンを完済したときに不動産を売却してもローンが完済できない可能性があります。
残価設定型ローンを最大限活用するならば、長期的に価格が保証される優良不動産を選びましょう。
また、不動産の残価設定型ローンはまだ始まったばかりでモデルケースが少ないのも不安点です。
将来的にプランどおりいくかわからないので、事前の説明をよく理解したうえで判断しましょう。

まとめ

車を購入する際に便利だった残価設定型ローンが、不動産購入でも普及してきました。
毎月の返済額を抑えられるとても魅力的な内容ですが、場合によっては将来の価格が保証されないなどの不安点が残ります。
気になる点は必ず事前に確認して、不安点が残らないようにしてから判断しましょう。
私たち株式会社アフロでは、大阪市中央区にある売買・賃貸物件を豊富にご紹介しております。
大阪市中央区にてお部屋探しをしている方は、当社までご連絡ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|不動産売買をおこなうときの売買契約書とは?注意すべきポイントをご紹介   記事一覧   不動産売却を検討中の方必見!値引き交渉されたときはどうする?|次へ ≫

トップへ戻る