【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 不動産売買をおこなうときの売買契約書とは?注意すべきポイントをご紹介

不動産売買をおこなうときの売買契約書とは?注意すべきポイントをご紹介

不動産売買をおこなうときの売買契約書とは?注意すべきポイントをご紹介

不動産の売買をおこなう際に必要な書類は売買契約書です。
この書類がどういったものなのか、しっかり把握できていない方も多いのではないでしょうか?
この記事では、売買契約書の内容と注意すべきポイントについて解説していくので、しっかり理解しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売買をする際の売買契約書とは

売買契約書とは、不動産取引をするにあたって買主と売主で決めた事項が記載してある書類です。
記載事項には、物件の売買金額や取引の時期、住所や氏名などが記載されています。
また、マンションなどの建物の場合は、区分所有の専有部分や土地の詳しい情報に関しての情報が記載されています。

宅地建物取引業法

売買契約書を作成することは、宅地建物取引業法で定められており不動産会社の義務となっています。
ですので、取引をおこなう際は、必ず作成をしてもらうようにしましょう。

書類の作成理由

売買契約書を作成する主な理由は、売買取引におけるトラブルを避けるためです。
不動産取引ではさまざまなトラブルが発生しており、仲介手数料の認識の相違、土地の境界線に関してのトラブル、管理規約の説明不足によるトラブルなどたくさんの問題が発生します。
基本的にはどれも認識の相違から起こるトラブルが多いため、このような書類を作り認識のズレをなくしているのです。

リスク低減のため

売買契約書を作成するのには、災害によるリスクを減らすといった目的もあります。
もし引き渡し前に自然災害が起き建物に被害が及んだ場合、損害請求をされることがありますが、契約書に記載しておくことでこういったリスクを軽減することができます。
また、購入するときもこの記載を見ることでどちらに支払いの義務が生じるのかわかるので、どちらにとっても重要な書類といえます。

売買契約書の注意点について

注意点としては、1つで書類の内容をしっかり確認するということです。
不動産売買に関する内容は、買主と売主で対等になるような内容でなければなりません。
そのため、しっかり内容を確認して契約をしましょう。
また、取引に関することはもちろんですが、ローン特約や契約不適合責任など記載についてもしっかり確認することが重要です。
どちらも不動産取引でトラブルになりやすいポイントなので、確認したうえで売買をおこなうようにしましょう。

まとめ

不動産売買をおこなう際の注意点などについて、ご紹介しました。
記載してある事項などは取引相手によって違いますし、法律に関しても常に変化しているので注意が必要です。
売買をおこなう際は契約の内容をしっかり読み、納得したうえで契約することをおすすめします。
私たち株式会社アフロでは、売買物件の管理に関するご相談を受け付けています。
大阪市浪速区・中央区で売買物件をお探しの方、所有する収益物件のリノベーションについてのご相談は、お気軽に当社までお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|不動産購入におけるオーバーローンとは?注意点とリスクを解説   記事一覧   不動産売却を検討中の方必見!値引き交渉されたときはどうする?|次へ ≫

トップへ戻る