【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 一戸建て購入におけるセットバック物件のメリットとは?

一戸建て購入におけるセットバック物件のメリットとは?

一戸建て購入におけるセットバック物件のメリットとは?

一戸建て購入する際、セットバック物件に当たることがあります。
そこで今回、セットバックとはなにか、購入するメリットをご紹介します。
ぜひ、一戸建て購入を検討している方は記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建て購入におけるセットバック物件とは?

セットバックとは、後退の意味で、建築基準法の接道義務である接する道路の道幅が4m以上ないと家を建て直したり、建築したりすることができません。
後退させることで、4m確保させ、つくることと家そのものを道路香川から後退させて建てることを意味します。
つまり、土地を購入しても、再建築できるようにセットバックをおこなわなければならないということです。
そのため建築できる敷地面積にも影響が出てきます。
たとえば、セットバック前は100㎡の建ぺい率でも、セットバックをおこなったことで95㎡になります。
4mの確保をしなければならない理由は、車が2台すれ違うことができ、火災や犯罪があった際に消防車などの緊急車両の大型な車両がとおるスペースを確保するためです。
つまり、火災があっても、駆けつけるのが遅く、被害が拡大する可能性がありますが、道の確保をおこない防災につなげる役割があります。
また、セットバックをおこなったことで周囲から家が見えやすくなり、防犯に役立つ目的もあります。

一戸建て購入の際にセットバックを買うメリットとは?

メリットは、防災や防犯に役立つことや道路が広くなることで車庫入れが楽にできる点があります。
また、セットバックした敷地面積は、建物の建ぺい率や容積率の計算から省かれるため、固定資産税などが安くなります。
なお、セットバックした敷地面積にかかる固定資産税は免除されます。
防災では、火災やレスキューなどの大型車両の通行のほかに、自身などの災害時で周囲の家が倒壊した場合にも被害を少なくすることもメリットと言えるでしょう。
防犯面では、一戸建てを建築する際にセットバックすることで、見通しが良くなり、住んでいる側も通行人も安心して利用ができる道路になります。
また、空き巣などの被害を防ぐことが可能です。
また、セットバックの物件は、購入価格が相場より安いため、予算を抑えられたり、ほかに使用したりすることができます。

まとめ

一戸建ての購入では、さまざまな条件の物件があります。
そのなかでもセットバックする物件は維持費や購入諸費用を安く抑えられるためおすすめです。
ただし、建ぺい率や容積率が狭くなるケースもあるため注意しましょう。
私たち株式会社アフロ ファミリーサロンでは、大阪市内の不動産情報を豊富に取り扱っております。
土地建物の売却でお困りでしたら、弊社までご連絡ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

株式会社アフロ 心斎橋店 スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLO心斎橋店では賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|固定資産税評価額の概要や計算方法を解説!不動産売却とはどう関係する?   記事一覧   一戸建ての省エネ表示「BELS」とは?申請するメリットをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る