【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 独身女性のマンション購入は増えている?購入時のポイントとは

独身女性のマンション購入は増えている?購入時のポイントとは

独身女性のマンション購入は増えている?購入時のポイントとは

昨今では女性の社会進出が増えたため、収入が安定してきた方のなかには「今の賃貸住宅に住み続けるのは家賃がもったいないし、マンションを購入しようかな」と考えている独身女性もいるのではないでしょうか。
そこで今回はマンションを購入するメリットと、購入後に後悔しないための資産運用のポイントを解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

独身女性がマンションを買うなら駅近や人気エリアがおすすめ!

マンションを購入するメリットは「自分の資産になる」ということです。
資産は自由にできるため、たとえば「家賃収入を得たい」と考えれば賃貸物件として運用ができます。
入居者に人気の駅近物件や人気エリアの物件を、あらかじめ押さえておくと良いでしょう。
また「ライフステージの変化に対応できる」ことも魅力のひとつです。
マンションを購入後に会社の転勤、または結婚や出産などご自身の生活に変化が生じたら、売却することも可能です。
このように自己資産は売りやすく貸しやすい点から、マンション購入を検討する独身女性が増えています。

独身女性が今後資産を運用するときに有利なマンションの面積とは?

マンションを購入するにあたり借り入れをご検討中の方は、住宅ローン控除を利用すると良いでしょう。
これはマイホームを購入した場合に、条件を満たせば一定期間ローン残高の1%が所得税から差し引かれ還付される制度です。
金利住宅ローンのフラット35によると、マンションの専有面積は30㎡、住宅ローンの控除は40㎡以上となっています。
つまり、独身女性がマンションを購入する場合は1LDK(40㎡~)以上の面積がある物件がおすすめです。
賃貸物件を希望する方は、最初は1DKを希望していても内見しているうちに1LDKに変更したいと考える方も多いため、ゆくゆく陳達物件として運用するときにも有利になります。

マンション購入のローンは資金計画が必要

マンションの購入は、最低でも1000万以上かかる大きな買い物だと言えます。
そのため今後の資金計画は重要です。
前述したとおり、金融機関などでローンを利用するには気を付けたいポイントがあります。
それは月々の「返済可能額」と「借入可能額」の違いの理解しておくことです。
返済可能額は、月々の収入から住宅ローンの支払いに充てられる最大の金額です。
そして借入可能額は、現在の収入で金融機関から借りられる最大の金額です。
つまり、借入可能額だけを目安にマンションを購入すると、毎月の返済が厳しくなるケースもありますので、注意しましょう。

まとめ

マンション購入は、たとえご自身が住めなくなっても賃貸物件にする、または売却するなど資産を運用できるメリットがあります。
あらかじめそれを想定して、駅近物件や人気エリア、売却しやすい専有面積なども下調べしておくことが大切です。
そして今後の資金計画をしっかりと立て、後悔のないマンション購入を目指していきましょう。
私たち株式会社アフロ ファミリーサロンでは、大阪市内の不動産情報を豊富に取り扱っております。賃貸か購入が良いのかさまざまな角度からご提案させていただきます。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社アフロ 心斎橋店への問い合わせはこちら


株式会社アフロ 心斎橋店 スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLO心斎橋店では賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|大規模マンションで人気のある共用施設をご紹介!   記事一覧   中古マンションに多い「壁式構造」とは?メリット・デメリットを解説!|次へ ≫

トップへ戻る