【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 中古マンションに多い「壁式構造」とは?メリット・デメリットを解説!

中古マンションに多い「壁式構造」とは?メリット・デメリットを解説!

中古マンションに多い「壁式構造」とは?メリット・デメリットを解説!

築年数の古い中古マンションの購入を考えている方のなかには、リノベーションを検討している方が増えています。
しかし、マンションの構造が「壁式構造」の場合には、間取りを変更したリノベーションができません。
そこでこの記事では、築年数の古い中古マンションによくある壁式構造の概要と壁式構造のメリット・デメリットについて解説します。
中古マンションでリノベーションを検討している方は参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンションに多い壁式構造とは?

建物の構造には、「壁式構造」と「ラーメン構造」があります。

壁式構造とは、柱や梁でなく「床・天井・壁」の合計6枚の壁で建物を支える構造です。
壁式構造は、築古のマンションによくある構造で、旧耐震基準対応の建物が多いですが、地震に強く阪神淡路大震災の際には被害がほとんどありませんでした。
また、高層マンションを支えるのには強度が不十分なため、低層マンションによく見られる構造です。
一方で、柱と梁で建物を支える構造である「ラーメン構造」は、間取りの自由度が高く、室内空間を広く使えるメリットがあります。
しかし、柱や梁があるため、室内に凹凸ができることや「壁式構造」よりも耐震性が劣るなどのデメリットもあります。
上記の壁式構造とラーメン構造との違いを理解しておきましょう。

中古マンションに多い壁式構造のメリット

中古マンションに多い壁式構造のメリットは、耐震性が高いことです。
面で建物を支える構造であるため、ラーメン構造よりも耐震性が優れています。
また、柱や梁でなく壁で建物を支えているため、室内が凹凸のなく室内を真っすぐ使用することが可能です。
このため、室内がすっきりした印象になるため、家具の配置にこだわる方に向いています。

中古マンションに多い壁式構造のデメリット

中古マンションに多い壁式構造のデメリットは、壁で建物を支えているため、壁を撤去できず間取り変更などの大掛かりなリノベーションに向いていません。
また、窓やドアの場所や数も制限されてしまいます。
そのため、窓を大きくするといった変更も容易ではありません。
このようなデメリットがあるため、部屋の間取りを変更したい方には向いていません。
しかし、内装やキッチンなどのリノベーションは可能であるため、間取りにこだわらない方にとっては大きなデメリットとは言えません。

まとめ

築古の中古マンションに多い「壁式構造」は、耐震性が高く、室内がすっきりと見えるなどのメリットがあります。
一方で、間取りの変更ができないなどのデメリットがあります。
中古マンションを購入してリノベーションを検討している方は、購入予定のマンションの構造を確認するようにしましょう。
私たち株式会社アフロ ファミリーサロンでは、大阪市内の不動産情報を豊富に取り扱っております。
部屋探しだけでなく、収益物件に関するご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社アフロ 心斎橋店への問い合わせはこちら


株式会社アフロ 心斎橋店 スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLO心斎橋店では賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|独身女性のマンション購入は増えている?購入時のポイントとは   記事一覧   売買契約における手付解除とは?方法や仲介手数料についてもご紹介|次へ ≫

トップへ戻る