【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 転職が住宅ローンの申し込みや返済中の住宅ローンに与える影響とは?

転職が住宅ローンの申し込みや返済中の住宅ローンに与える影響とは?

転職が住宅ローンの申し込みや返済中の住宅ローンに与える影響とは?

住宅ローンの審査では支払い能力が問われるため、年収や勤続年数が重視されます。
では、住宅ローンの申し込み前に転職をおこなった場合に、住宅ローンの審査にどう影響があるのか気になる方も多いでしょう。
今回は、転職で住宅ローンの申し込みや返済中の住宅ローンに与える影響についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

転職が住宅ローンの利用に与える影響とは?

住宅ローンの審査項目には勤続年数が含まれており、審査をとおるためには、一般的に3年以上の勤続年数が必要といわれています
そのため、住宅ローンの利用時に転職をおこなうと勤続年数が転職によりリセットされてしまい、審査にとおりづらくなります。
また転職回数が多い場合も収入が不安定であると見られてしまうため、住宅ローン審査に影響があります。
転職による影響を避けるために事実を黙っていた場合でも、保険証の提出により転職が発覚するので、必ず申告しましょう。

住宅ローンの申し込みは転職前と後どちらが良い?

住宅ローンの申し込みは転職後が良いです。
転職前に申し込みをおこなうメリットとしては、これまでの勤続年数を活かせるのはもちろん、現在の収入をもとに返済計画を立てられることです。
しかし、転職により収入が下がる場合も想定されるため、転職前の高い収入を基準にしてしまうと返済が難しくなる可能性があるでしょう。
一方で、転職後に住宅ローンの申し込みをおこなう場合には、勤続年数がリセットされるため審査がとおりにくいとされています。
ただし、転職後の収入をもとに返済計画を立てられるので、借り入れ後のリスクを想定しやすいです。
転職前にあわてて家を探すよりも時間に余裕をもって探せる点もメリットでしょう。

住宅ローン返済中に転職した場合の手続きや注意点とは?

返済中に転職した場合、金融機関へ届け出をする必要があります。
返済条件に変更はありませんが、氏名や連絡先、勤務先は届け出事項に含まれているため、転職した場合は届け出なければなりません。
また、住宅ローン控除を受けている場合には、転職先の年末調整で手続きができます。
前職の源泉徴収票が必要になるため準備しておきましょう。
転職による収入低下のために返済が難しくなった場合には、早めに金融機関へ連絡し対策を立てる必要があります。

まとめ

転職で住宅ローンの申し込みや返済中の住宅ローンに与える影響についてご紹介しました。
審査項目の勤続年数がリセットされるなどデメリットもありますが、転職後の収入をもとに返済計画をおこなうと、転職しても無理のない返済ができます。
リスクを考えると、住宅ローンの申し込みは転職後が良いでしょう。
私たち株式会社アフロ 心斎橋店では、賃貸物件の管理に関するご相談を受け付けています。
大阪市浪速区・中央区で管理会社をお探しの方、所有する収益物件のリノベーションについてのご相談は、お気軽に弊社までお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社アフロ 心斎橋店への問い合わせはこちら


株式会社アフロ 心斎橋店 スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLO心斎橋店では賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|一棟アパートのオーナーが加入すべき火災保険とは?特約についてもご紹介   記事一覧   セカンドハウスローンとは?住宅ローンとの違いや審査基準を解説!|次へ ≫

トップへ戻る