【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > マイホームの頭金とは?相場と注意点を詳しく解説

マイホームの頭金とは?相場と注意点を詳しく解説

マイホームの頭金とは?相場と注意点を詳しく解説

マイホームの購入を考える場合、多くの方が頭金の用意をするでしょう。
しかし、マイホーム購入時の頭金とは一体どういう意味なのかご存じですか?
住宅ローンに含まれないのか?いくらくらい用意すれば良いのか?などマイホーム購入時の頭金と支払う際の注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム購入時の頭金とは?

マイホームを購入する時に必要な頭金とは、住宅ローンで組む金額とは別に自己資金の中から支払うお金を意味します。
つまり、頭金を多く支払えば住宅ローンの額が減り、月々の支払いが少なくすみます。
さらには利息も少なくなるので、全額ローンを組むよりお得です。
しかし、マイホームを購入するのに必要なお金は頭金だけではありません。
さまざまな手続きを進めるために手付金・仲介手数料・住宅ローン利用時の借り入れ手数料・印紙税などの初期費用がかかります。
また、不動産取得税・登録免許税・司法書士への報酬、マンションなら修繕積立基金も必要です。
そのため、マイホームを購入する際の注意点として、なるべく多くの自己資金を用意しておくと良いでしょう。

マイホームの頭金の相場はいくら?

マイホーム購入時の頭金はいくら準備すれば良いのか迷う方も多いはずです。
首都圏でマンションを購入する方の頭金の平均額は1,151万円です。
マイホームを購入する方の約10%が該当します。
頭金の相場は、注文住宅・建売・中古物件・マンションなど購入する物件のタイプによっても異なりますが、支払い総額の約10%を準備する方が多い傾向にあります。
しかし、近年では200万円ほどの頭金でマイホームを購入する方も少なくありません。
また、頭金をゼロにしてフルローンを組む方もいます。
一方では、1,500万円を超える頭金を準備する方も増加しているのも事実です。
マイホームの頭金を準備するにも多様化が進み、自分のライフスタイルに合わせて支払い方法が選べる時代になっていると言えます。

マイホームの頭金を支払う注意点とは?

マイホームの頭金は多ければ多いほど、ローンの支払いが減額になります。
しかし、貯金の全額を頭金に投入するのは推奨できません。
生活費・子どもの教育資金・医療費などはもちろん、予想外の出費も考えられます。
貯金を全額頭金に使ってしまうと、そういった場面で対処ができなくなります。
マイホームの頭金の額を決める際は、経済的な余力を残しておきましょう。
また、マイホームの購入にはさまざまな諸費用が必要です。
諸費用は住宅ローンには組み込めないため、頭金と一緒に現金で準備しておく必要があります。
諸費用は物件購入価格の3〜10%です。
頭金を合わせると物件価格の2〜3割の現金を用意しておけば安心です。

まとめ

マイホームの頭金は物件の種類によって異なるので、相場を確認しておきましょう。
頭金と諸費用は住宅ローンに組み込めないため、まとまった現金の準備が必要です。
夢のマイホームを手に入れるために、しっかりと資金計画を立ててください。
私たちAFLOファミリーサロンでは、大阪市のファミリー物件情報に関するご相談を受け付けています。
大阪市内で不動産物件をお探しの方、賃貸にするか購入を検討されているお客様のご相談は、お気軽に弊社までお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社アフロ 心斎橋店への問い合わせはこちら


株式会社アフロ 心斎橋店 スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOファミリーサロンでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|不動産売却時に掛かる税金を知って手元資金をより多く残す   記事一覧   南森町駅周辺にある大阪市立西天満小学校の概要や特徴についてご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る