【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 土地の地盤改良とは?かかる費用や注意点をご紹介

土地の地盤改良とは?かかる費用や注意点をご紹介

土地の地盤改良とは?かかる費用や注意点をご紹介

建物を建てるのに向かないと判断された土地に建築する場合、土地の地盤改良工事が必要です。
しかし、地盤改良工事は詳しく調査してみないと費用が分かりにくい工事でもあります。
今回は、土地の地盤改良とはどのような工事か、かかる費用や注意点についてご紹介します。

AFLO心斎橋店への問い合わせはこちら


土地の地盤改良とはどのような工事なのか

建物の基礎工事には「直接基礎」と「杭基礎」があり、固い地盤に直接建物の基礎部分を作り、建物の重みを地盤に分散させる方法が直接基礎です。
対して杭基礎は、深い位置にある地盤まで杭を打ち込んで建物を支持する方法になります。
木造一戸建て住宅など、比較的軽い建物は直接基礎を用いることが多いものの、何らかの事情により直接基礎ができないことも少なくありません。
地盤改良とは、そのような直接基礎の難しい土地に工事を施し、基礎に必要な支持力を確保することを指します。
地盤改良には、表層改良工法、柱状改良工法、鋼管杭工法と呼ばれる工法がありそれぞれやり方や費用が異なる工事です。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

土地の地盤改良にかかる費用

表層改良工法による地盤改良は、固い地盤の上にある軟弱地盤が2m程度の際に用いられ、セメントなどの凝固剤を用いて地盤を固めます。
坪単価は1万~2万円、費用総額は30万~50万円程度になる場合が多いです。
柱状改良工法は固めたい地盤が2~8mの場合に用いられ、セメントなどの凝固剤で地盤を固めつつ固い地盤まで強固な柱を打ち込みます。
この柱の上に直接基礎を乗せるため、基礎部分と杭が一体化している杭基礎とは別のものです。
坪単価はやや高く2万~3万円となり、費用総額は50万~80万円程度になります。
鋼管杭工法は、上記の2つよりも軟弱な地盤が深くまで達している際に用いられる工法です。
細めの鋼管杭と呼ばれる杭を埋め込み、荷重を支持地盤に伝えます。
強度が高い分坪単価は4万~6万円と高く、費用総額も100万~180万円程度とほかの工法の倍以上かかる点には注意しましょう。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

土地の地盤改良における注意点

地盤改良についての専門知識がないからといって、すべてを施工業者に任せてしまうのはおすすめできません。
事前に予算をしっかり決め、工事だけでなくその後の残土処理にかかる費用も把握しておくことが大切です。
また、工事の内容は施工業者から細かく説明してもらい、分からないところも質問して解消しておきましょう。
工事の内容や手順について把握しておけば、何らかの不備があった場合も指摘しやすくなります。
工事終了後は地盤改良工事報告書を書いてもらい、どこが改良されたのかチェックできるようにしておきましょう。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

まとめ

土地の地盤改良は、そのままでは建物を建てるのに不安がある土地を建築できる土地に変えるための工事です。
地盤改良をおこなう際は、依頼者側も施工業者に丸投げせず、費用や工事内容に関する注意点を守って状況を把握しておきましょう。
心斎橋の不動産のことな私たちAFLO心斎橋店にお任せください!
賃貸・売買と幅広く対応しており、お客様に寄り添ったご提案をお約束いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

AFLO心斎橋店への問い合わせはこちら


AFLO心斎橋店 スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLO心斎橋店では賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|心斎橋駅周辺に引っ越すなら知っておきたい!おすすめの美容皮膚科をご紹介   記事一覧   西田辺駅周辺にある大阪学芸高等学校の概要と特徴をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る