口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > 株式会社アフロ AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > アパート建築が節税になる仕組みとは?注意点や抑えられる税金もご紹介!

アパート建築が節税になる仕組みとは?注意点や抑えられる税金もご紹介!

アパート建築が節税になる仕組みとは?注意点や抑えられる税金もご紹介!

アパートは、賃貸経営のためだけではなく、節税を目的に建築されることも多いです。
しかしアパート建築がなぜ節税につながるのか、仕組みをまだご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、アパート建築による節税の仕組みや注意点にくわえ、アパート建築後に節税できる税金もご紹介します。

AFLO心斎橋店への問い合わせはこちら


アパート建築による節税の仕組み

相続税が課せられる際、空き地にアパートを建てていると、土地の評価額が約20%下がります。
また、建物部分の評価額も建築価格の約50%となるため、アパート建築分の費用を現金で持っているよりも税金を抑えられるのです。
次に、不動産の取得後に毎年かかる固定資産税や都市計画税に関しても、アパートを建てていると、土地部分の課税額が少し安くなります。
仕組みは先の相続税と同じで、アパートが建っていると土地の評価額が通常よりも下がるため、課税額も下がるのです。
なお、土地の評価額の下がる割合は固定資産税と都市計画税で異なり、200㎡までの小規模住宅用地の場合、それぞれ通常の6分の1、3分の1となります。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

アパート建築で節税する際の注意点

アパート建築により相続税を抑えたい場合、物件の入居率に注意が必要です。
満室だと節税効果を最大にまで高められますが、空室があると節税効果が薄れてしまいます。
不動産は高額であるため、入居率の違いにより相続税が100万円以上違ってくる可能性もあります。
税金対策でアパートを建てるのであれば、節税効果をしっかり引き出しすためにも、空室対策には力を入れましょう。
あわせて、アパート経営で大きな赤字を出さないよう、収支計画をしっかり立てておくことも大事です。
節税面に気を取られて収支計画がおろそかになっていると、赤字が節税額を上回るなどアパートを建てた意味がなくなりかねません。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

アパート建築後に節税できる税金とは?

アパート建築をして賃貸経営を始めると、損益通算により所得税を抑えられる場合があります。
損益通算とは、ある所得の赤字と別の所得を相殺し、全体の所得を抑えられる制度です。
所得が少ないほど所得税は安くなるので、物件の修繕費が多く発生したなど、アパート経営で赤字が出た年は損益通算を利用すると良いでしょう。
また、毎年課せられる住民税も所得額から計算されているため、損益通算で所得を抑えれば住民税も安くなります。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

まとめ

アパート建築によって土地の評価額が下がるため、相続税や固定資産税、都市計画税の減税につながります。
さらにアパート経営で出た赤字を損益通算して所得を減らせば、所得税や住民税も節税できる可能性があります。
節税効果を引き出すためにも、空室対策や収支計画が大切であることを注意点として覚えておきましょう。
心斎橋の不動産のことな私たちAFLO心斎橋店お任せください!
賃貸・売買と幅広く対応しており、お客様に寄り添ったご提案をお約束いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

AFLO心斎橋店への問い合わせはこちら


AFLO心斎橋店 スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本トレンドリサーチ)のAFLO心斎橋店では賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|西大橋駅近くの大阪歯科学院専門学校は歯科衛生士を目指す方におすすめ!   記事一覧   西田辺駅周辺にあるおすすめの歯科2選をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る