【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

部屋を探すときには、子どもの年齢差や性別などの家族構成とともに、これからどんな生活を送る予定なのかによって適した物件が変わります。
この記事では、4人家族が暮らすのにおすすめの間取りとして、2LDK・3LDK・4LDKの特徴や向いている家族を比較してご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

4人家族におすすめの間取りの比較①2LDK

国土交通省による住生活基本計画によると、4人家族で健康的・文化的な生活を送るためには、50㎡の居住面積が必要とされています。
また、ゆったり過ごせるための面積は95㎡とのことです。
2LDKの場合、リビングダイニングキッチンのほかに居室が2部屋あり、50㎡を超える物件を比較的簡単に見つけられます。
子どもが小さいときには4人一緒の寝室と予備の部屋として活用し、成長に合わせて子ども部屋と夫婦の寝室に分ける使い方ができます。
子どもに別々部屋を持たせる必要がない場合や、夫婦の寝室を分ける必要がない場合に向いているのが2LDKの特徴です。
子どもが大きくなり別々の部屋が必要になったときには、夫婦がリビングで寝ることになるのが3LDKや4LDKと比較した場合の違いです。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

4人家族におすすめの間取りの比較②3LDK

3LDKは60㎡から80㎡ほどの物件が多く、95㎡を超える物件もあり、4人家族が支障なく住める広さと言えます。
居室が3部屋になり、子どもが小さい時期は夫婦と一緒に寝たり2人で1部屋を使ったり、3つの居室を利用するとは限りません。
しかし、子どもが大きくなると自分専用の部屋が欲しくなるケースが多く、2部屋を子ども部屋とするのが一般的になります。
その場合でも残りの1部屋を夫婦の寝室として使え、子どもが小学生高学年以上の家族に向いている点が3LDKの特徴です。
家族のコミュニケーションを図りやすい点は2LDKとあまり変わりませんが、夫婦の空間が確保しやすくなる点が2LDKとの違いです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

4人家族におすすめの間取りの比較③4LDK

4LDKになるとアパートやマンションの物件は少なくなり、一戸建てになるでしょう。
4LDKの場合、リビングにつながる部屋を活用し、広めのリビングとする使い方ができます。
また、親戚などの来客が泊まる際にも便利で、これから子どもが増える可能性がある家族にも十分に対応できるでしょう。
全員が個室を持ちたい家族や、書斎や趣味用などの部屋を確保したい家族に向いている点が4LDKの特徴です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

4人家族におすすめの間取りの比較③4LDK

まとめ

4人家族におすすめの間取りとして、2LDK・3LDK・4LDKをご紹介しましたが、主に子どもの年齢・成長に合わせた間取り選びが必要でしょう。
間取りのほかに家賃にも考慮し、4人家族で快適な暮らしができる物件を探してみてください。
私たちAFLOでは、浪速区の賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|手取り20万円で一人暮らし!生活費などの内訳をご紹介!   記事一覧   西田辺駅にある学校法人たつみ学園 ながいけ認定こども園のご紹介|次へ ≫

トップへ戻る