【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件で必要な初期費用とは?相場と分割払いについてご紹介

賃貸物件で必要な初期費用とは?相場と分割払いについてご紹介

賃貸物件で必要な初期費用とは?相場と分割払いについてご紹介

賃貸物件を借りる際には、さまざまな初期費用がかかります。
初期費用の具体的な内訳と、相場の目安はいくらぐらいなのでしょうか。
また、引っ越しの際は費用がかかるので分割払いにできるのか気になると思います。
この記事では、賃貸物件の初期費用についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸借契約時にかかる初期費用とは?わかりやすくご紹介

賃貸借契約時にかかる初期費用とは、わかりやすく言うと入居前に支払うまとまった費用です。
具体的には、敷金・礼金・家賃の前払い・仲介手数料・火災保険料などがあります。
この他、保証料や引っ越し費用も必要ですが、上記5つは基本的に必ず支払います。
支払先をわかりやすく述べると、敷金・礼金・前家賃は大家さん、仲介手数料は不動産会社、火災保険料は損害保険会社です。
なお、礼金は近年支払う必要のない賃貸物件が増加しています。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

賃貸物件を借りる際の初期費用の相場とは?

一般的に、初期費用の相場は家賃の4~5か月分とされています。
内訳は、敷金・礼金・前家賃がそれぞれ家賃の1か月分、仲介手数料が1か月分、火災保険料は1.5~2万円程度です。
たとえば、家賃が7万円、敷金・礼金・前家賃がそれぞれ1か月分の賃貸物件では、約35万円の初期費用がかかります。
家賃が7万円の賃貸物件を契約する場合、賃貸借契約時に上記の金額程度が必要です。
なお、その他、保証料や引っ越し費用も必要となります。
初期費用は、引っ越し費用のなかでも大きな割合を占めるので、支払えるように準備しておきましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件の初期費用は分割払いできる?

賃貸物件の初期費用は、現金かクレジットカード払いのどちらかで分割払いが可能です。
しかし、不動産会社によってはクレジットカード払いのみ分割に対応している場合もあるので、最初に確認しておきましょう。
また、不動産会社の対応範囲に限度がある点にも注意しましょう。
不動産会社によっては、敷金と礼金のみ分割払いが可能で、その他の費用は不可の場合もあります。
あらかじめ分割払いが適応される範囲も確認しておきましょう。
初期費用を分割払いできれば、手持ちの現金が一気に減ることを防げます。
上手に活用するとクレジットカードのポイントも貯められるので、メリットが大きいでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

賃貸物件の初期費用は分割払いできる?

まとめ

初期費用とは、賃貸物件の入居時に支払うまとまったお金のことです。
具体的な相場とは家賃が7万円の賃貸物件を契約する場合、約35万円必要なので、前もって準備しておきましょう。
また、分割払いも可能ですが、不動産会社によって適用範囲は異なります。
私たちAFLOでは、賃貸物件の管理に関するご相談を受け付けています。
大阪市浪速区・中央区で管理会社をお探しの方、所有する収益物件のリノベーションについてのご相談は、お気軽に弊社までお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|賃貸物件と持ち家を比較しよう!それぞれの違いを3つご紹介!   記事一覧   建売住宅を購入する流れとは?契約前・売買契約時・契約後ごとにご紹介|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る