【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 小規模マンションとは?向いている方やメリット・デメリットをご紹介!

小規模マンションとは?向いている方やメリット・デメリットをご紹介!

小規模マンションとは?向いている方やメリット・デメリットをご紹介!

マンションを選ぶ際、どのくらいの規模のマンションにするかは重要なポイントです。
近年では、大規模マンションとはまた違う良さがあると、小規模マンションが人気を集めています。
今回は、小規模マンションとはなにか、どんな方に向いているのか、小規模マンションのメリットとデメリットについてご紹介します。

小規模マンションとはなにか?

小規模マンションとは、一般的に戸数が50戸未満のマンションのことを指します。
敷地は比較的狭く、共有施設も必要最小限のことが多いです。
それに対して、50~100戸は中規模マンション、100戸以上だと大規模マンションと呼ばれています。
小規模マンションは低層型が多く、比較的閑静な住宅街などに多い傾向があります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

小規模マンションに向いている方

小規模マンションは、建物の高さ制限がある、第一種・第二種低層住居専用地域に建てられることが多いので、周囲の環境に恵まれていることが多いです。
低層住宅専用地域は閑静な住宅地が多く、環境が良く静かで住みやすいため、マンション周辺の環境を重視する方に向いていると言えます。
また、小規模マンションは狭い敷地にも建てられるため、駅前や商店街の近くなど利便性の良いエリアなどにも見られます。
このため、駅への交通アクセスを重視する方にも向いている物件です。
さらに、小規模マンションは大規模マンションほど共用施設が充実していないので、忙しくて共用施設を利用する時間がない方にも向いていると言えます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

小規模マンションに住むメリット・デメリットとは?

小規模マンションは総世帯数が少なく、住人の数も少ないため、住人同士のコミュニケーションが取りやすいです。
こぢんまりしていてアットホームな雰囲気があり、コミュニティが築きやすいのが特徴です。
知らない人が入ってきてもすぐに気がつくため、防犯意識も高くなります。
また、戸数が少ないためエレベーターの待ち時間も比較的短い傾向にあります。
一方で、少ない戸数でマンション全体の管理や修繕をまかなうため、1戸あたりの管理費や修繕積立金の負担は大規模マンションよりかかりがちです。
マンションは月々のローンのほかに管理費や修繕積立金を支払うため、この金額をくわえた支払い計画を立てることが必要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

小規模マンションに住むメリット・デメリットとは?

まとめ

小規模コミュニケーションとは50戸未満のマンションを指し、環境が良く住人同士のコミュニケーションを取りやすい特徴があります。
ご紹介した小規模マンションのメリット・デメリットを参考に、自分の希望に合うタイプのマンションを探してみましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロお任せください。
浪速区へお引っ越しの際は、ぜひ弊社までご相談ください。


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|駅徒歩20分の賃貸物件の駅からの距離やメリット・デメリットも解説!   記事一覧   車庫証明が取れない!次の引っ越しで車庫証明を取る方法!|次へ ≫

トップへ戻る