【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > ネット銀行の住宅ローンとは?メガバンクや地方銀行との違いも解説

ネット銀行の住宅ローンとは?メガバンクや地方銀行との違いも解説

ネット銀行の住宅ローンとは?メガバンクや地方銀行との違いも解説

多くの方は、マイホームを購入する際には住宅ローンを組むことが必要です。
しかし初めてローンを組む場合、各金融機関のサービス内容の違いがわからず、迷う方が多いと思います。
本記事では、ネット銀行とはなにか、ネット銀行で住宅ローンを組むメリットとデメリット、メガバンクや地方銀行との違いについて解説します。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


住宅ローンも利用できるネット銀行とは

ネット銀行とは「新たな形態の銀行」で、主にオンラインで取引をおこなう銀行です。
ネット銀行の住宅ローンには、金利が安い、これまででは考えられなかった斬新なサービスを提供しているといった傾向があります。
また、実店舗は営業上必要最小限しかありません。
そのためメガバンクや地方銀行のように、窓口へ出向かずに手続きができます。
その一方で、金融のプロである担当者から直接話を聞けないのがほとんどで、サービスの内容などを詳しく理解していないと後悔する可能性があります。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に重要になる仲介手数料の基礎知識を解説

住宅ローンをネット銀行で組むメリットとデメリット

ネット銀行で住宅ローンを組む大きなメリットは、低金利であることです。
特に変動金利のものが安く、ほとんどの銀行が0.3〜0.47%程度です。
また、ランニングコストが安いこともメリットです。
ランニングコストとは、運用費用や維持費用です。
ネット銀行の多くでは、住宅ローンの金利に団体信用生命保険料を含んでおり、保証料や繰り上げ返済手数料が不要となっています。
一方でデメリットは、住宅ローンの手続きのために銀行へ支払う事務手数料が高い点です。
多くのネット銀行では、事務手数料に変動型を採用しています。
ネット銀行の事務手数料は融資額の2.2%が相場で、融資額によっては従来型銀行の手数料の相場である固定型の33,000円よりも高くなります。

▼この記事も読まれています
永住権なしの外国人が住宅ローンを利用するには?審査への対策を紹介

ネット銀行の住宅ローンとメガバンクや地方銀行のものとの違い

メガバンクや地方銀行などの実店舗がある銀行と、ネット銀行の住宅ローンにはいくつか異なる項目があります。
1つ目は、相談窓口です。
メガバンクや地方銀行は、窓口へ行って担当者と対面して手続きをしなければなりません。
2つ目は、繰り上げ手数料の有無です。
繰り上げ手数料の金額は銀行によって異なりますが、多くのネット銀行では無料になっています。
3つ目は、団体信用生命保険の充実度です。
ネット銀行では金利上乗せなしで、部分的ながん保障、三大疾病保障、全疾病保障を無料でつけられます。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に利用できる残価設定型の住宅ローンの仕組みとは?

まとめ

ネット銀行とは、オンラインですべての手続きをおこなう銀行です。
住宅ローンを低金利で利用できますが、一方で融資額に応じた事務手数料がかかります。
またメガバンクや地方銀行とは、実店舗の相談窓口があるか、団体信用生命保険の内容などが違います。
大阪市の賃貸マンションや売買物件をお探しなら株式会社アフロファミリーサロンお任せください。
賃貸・売買と幅広く対応しており、お客様に寄り添ったご提案をお約束いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


株式会社アフロファミリーサロンの写真

株式会社アフロファミリーサロン スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLO心斎橋店では賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|駅徒歩20分の賃貸物件の駅からの距離やメリット・デメリットも解説!   記事一覧   手取り13万円で一人暮らし?家賃目安や部屋の探し方・生活費をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る