【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 住宅ローンにおける収入合算とは?ペアローンとの違いやメリットをご紹介

住宅ローンにおける収入合算とは?ペアローンとの違いやメリットをご紹介

住宅ローンにおける収入合算とは?ペアローンとの違いやメリットをご紹介

夫婦で住宅ローンを利用する場合、ペアローンや収入合算など選択肢がいくつかあります。
しかし、ローンの利用において詳しくご存じない方もいらっしゃるかもしれません。
この記事では収入合算とは何か、ペアローンとどう異なるのか、メリットについてご紹介します。
これから住宅ローンを組む予定の方は参考にしてください。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


住宅ローンにおける収入合算とは

夫婦や親子などで収入を合算し、住宅ローンを組むもので収入合算には連帯債務型と連帯保証型の2種類があります。
連帯債務型とは、片方が主となる債務者となりもう片方が連帯債務者となるため、双方に同等の返済義務が生じます。
連帯保証型とは片方が主となる債務者となり、もう片方はその連帯保証人となるタイプです。
債務者が返済できなくなった場合に連帯保証人に返済義務が発生します。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に重要になる仲介手数料の基礎知識を解説

住宅ローンにおける収入合算とペアローンの違いとは

収入合算と似たものにペアローンがあります。
それぞれの違いとしては契約の数で、収入合算は双方で1つの契約、ペアローンは双方で別々(2本)の契約です。
ペアローンはそれぞれがローン契約をおこない、お互いが連帯保証人になります。
また、団体信用生命保険や住宅ローン控除は収入合算の場合は連帯保証人には適応されず、ペアローンの場合はそれぞれに適応されます。
夫婦や親子でローンを組む点では違いがありませんが、契約の数などの違いを把握しておきましょう。

▼この記事も読まれています
永住権なしの外国人が住宅ローンを利用するには?審査への対策を紹介

住宅ローンを収入合算で組むメリットとデメリットとは

二人分の収入額で申請できるため、借入額を増やせる点がメリットです。
先ほどもご説明したように、ペアローンは双方がローンを組むため契約者は2人になります。
そのため、ローンの契約における諸費用も2人分必要になるでしょう。
収入合算であれば諸費用は1人分で済み、費用を抑えられる点もメリットです。
また、連帯債務型を選択すると2人で住宅ローン控除を受けられます。
一方、デメリットとしては、団体信用生命保険には債務者しか入れないため、病気などで収入が途絶えると返済が厳しくなるでしょう。
また、2人分の収入額で借入するため、無理な借入になる可能性があります。
病気以外にも休職や出産などで働けなくなった場合に返済が厳しくなるリスクがある点もデメリットでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に利用できる残価設定型の住宅ローンの仕組みとは?

まとめ

収入合算とは、夫婦や親子で一緒に借りられる住宅ローンです。
ペアローンとは違い、1本の契約で双方の収入を合算して借入できます。
しかし、返済におけるリスクがある点や団体信用生命保険の加入などデメリットも存在するため、利用前にはきちんと計画を立てましょう。
大阪市の賃貸マンションや売買物件をお探しなら株式会社アフロファミリーサロンお任せください。
賃貸・売買と幅広く対応しており、お客様に寄り添ったご提案をお約束いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


株式会社アフロファミリーサロンの写真

株式会社アフロファミリーサロン スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLO心斎橋店では賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|女性が住みやすい街とは?条件やポイントをご紹介   記事一覧   賃貸物件のおとり物件とは?法的規制や見分け方も解説!|次へ ≫

トップへ戻る