【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 住み替えのダブルローンとは?利用するための条件やメリットについて

住み替えのダブルローンとは?利用するための条件やメリットについて

住み替えのダブルローンとは?利用するための条件やメリットについて

住み替えで新居を購入するとき、現在の住宅ローンを残したまま、次の住宅ローンは利用できるのでしょうか。
現在の住宅ローンを残したまま、新しく住宅ローンを組む方法を「ダブルローン」といい、今の家に住みながら新しい家の契約ができる方法です。
今回は住み替えのダブルローンとはどのようなものか、利用するための条件やメリット・デメリットについてご紹介します。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


住み替えのダブルローンとはなにか

ダブルローンとは2本のローンを同時に利用する方法で、住宅ローンを返済中の方が住宅ローンを使って自宅を購入する方法を指します。
住宅ローンが二重になるのは限られたケースのみで、住み替えの場合は今住んでいる家の住宅ローンの残債がありながら、新しい家を住宅ローンで買った場合です。
もう一つは親や子などの親族が住む家やセカンドハウスなど、2軒目の住宅を購入する場合があります。
買い先行での住み替えが可能となるので、仮住まいの用意や引っ越しの回数を減らせます。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に重要になる仲介手数料の基礎知識を解説

住み替えのダブルローンを利用するための条件とは

住み替えのダブルローンを利用するための条件は、今の住宅ローンと同じ金融機関で契約するか、異なる金融機関で契約するかによって変わります。
同じ金融機関で契約する場合には、現在の借り入れ残高が物件の担保評価の50〜70%以内で、金融機関で現在の物件を一定期間内に売却するなどの条件を承諾が必要です。
異なる金融機関を利用する場合には、新しい金融機関の審査基準を満たさなくてはなりません。
審査のポイントとなるのが「返済負担率」で、年収に対する年間返済総額の割合が30%以上になると、審査がとおりにくい傾向です。
今住んでいる家の売却先が決まっているなど、返済が可能である証明ができれば一時的に返済負担率が高くなっても問題ないケースもあります。

▼この記事も読まれています
永住権なしの外国人が住宅ローンを利用するには?審査への対策を紹介

住み替えでダブルローンを利用するメリット・デメリットとは

ダブルローンを利用すると、仮住まいが不要になり、売却や購入を自由なタイミングでできるメリットがあります。
買い先行で新居にそのまま引っ越しができるので仮住まいが不要となり、引っ越しも1回だけで済みます。
一般的に買い替えでは今住んでいる家の引渡しと新居への入居日を同日にするのが望ましいとされますが、買い手の都合もあるのでなかなかスケジュール調整が難しいのが現実です。
そこで、引渡し日を気にせずに新居の購入や引っ越しができるのがダブルローンの魅力でしょう。
しかし、返済総額が増えてしまう点や審査をクリアするのが難しい点がデメリットといえます。
買い先行では旧居が売却できるまでの納税や管理費負担もあるので注意しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に利用できる残価設定型の住宅ローンの仕組みとは?

まとめ

住み替えにおけるダブルローンは、仮住まいが不要で買い先行で売却活動をゆっくりできる点がメリットです。
審査が厳しく、一時的に返済負担率が上がってしまうのでご利用の際はしっかり返済計画をたてておきましょう。
大阪市の賃貸マンションや売買物件をお探しなら株式会社アフロファミリーサロンお任せください。
賃貸・売買と幅広く対応しており、お客様に寄り添ったご提案をお約束いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


株式会社アフロファミリーサロンの写真

株式会社アフロファミリーサロン スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLO心斎橋店では賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|賃貸借契約における電子契約とは?メリットとデメリットを解説   記事一覧   同棲をするベストなタイミングとは?注意点についてもご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る