【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 子育てファミリーにおすすめの賃貸物件をご紹介!1階が最適な理由とは?

子育てファミリーにおすすめの賃貸物件をご紹介!1階が最適な理由とは?

子育てファミリーにおすすめの賃貸物件をご紹介!1階が最適な理由とは?

出産や子どもの成長を機に、より住みやすい間取りの賃貸物件への引っ越しを検討する方は多いです。
この際に「子育てに適しているのは何階の部屋?」「家賃を抑えて広い部屋に引っ越しできる?」などの疑問を抱える方も少なくありません。
今回はそれらの疑問にお答えし、子育て世帯の方におすすめの賃貸物件の特徴をご紹介します。

子育てファミリーが賃貸物件を契約するなら1階の部屋がおすすめ

子育てファミリーにおすすめなのは、マンションの1階への引っ越しです。
小さな子どもがいる場合、足音による騒音が発生しやすく、階下の住人とのトラブルが懸念されます。
1階の部屋ではこれらの心配が少ない、家賃も上階に比べて安い、子どもの転落事故を防ぐなど多くのメリットがあります。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

子育てファミリーには和室のある賃貸物件もおすすめ

その他の条件としては、多目的な用途で利用できる和室がある賃貸物件も子育てファミリーにおすすめです。
畳はフローリングと比較してクッション性が高く、子どもが転んだときや、高い場所から転落したときの怪我も予防しやすくなります。
さらに畳には空気が多く含まれているため断熱性が高く、夏は涼しく、冬は暖かく過ごしやすいこともメリットです。
柔らかい畳の上なら体を動かしても痛みを覚えにくく、お昼寝をする場所としても和室が適しています。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

子育てファミリーが広い家に住むならバス便の部屋がおすすめ

できるだけ家賃を抑えて広い賃貸物件に引っ越したい場合は、自宅からの最寄りが鉄道の駅ではなくバス停の「バス便」を選ぶのがおすすめです。
たとえば「駅徒歩10分」の賃貸物件と「駅からバスで10分」の賃貸物件を比較すると、バス便のほうが安く、仮に同じ家賃でもより広くゆったり過ごせる部屋に住めるようになります。
バス便の賃貸物件は駅周辺のエリアと比べて落ち着いた周辺環境になりやすく、大きな公園や河川敷が近隣にある可能性も上がります。
バス代がかかるなどのデメリットもありますが、子育てをするのに適した環境に住める確率が高まるため、バス便の部屋も引っ越し先の選択肢に加えてみてください。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

子育てファミリーが賃貸物件を契約するなら1階の部屋がおすすめ

まとめ

子育てファミリーには1階の賃貸物件や和室のある賃貸物件がおすすめです。
予算を抑えて引っ越し先を探す場合は、バス便の部屋も選択肢に加えましょう。
駅から近い賃貸物件と比較すると、同じ予算でも広い家に住める可能性が高まり、子育てに適した周辺環境の部屋にも住みやすくなります。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|手取り35万円で一人暮らしをする家賃の目安は?生活費内訳を解説!   記事一覧   賃貸物件におけるキャットウォークDIYのポイントは?材料や作り方を解説|次へ ≫

トップへ戻る