【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 住宅ローンのフラット50とは?メリットや違いを解説

住宅ローンのフラット50とは?メリットや違いを解説

住宅ローンのフラット50とは?メリットや違いを解説

フラット50とは、住宅ローンの一種で、金利が固定された50年間の返済期間を持つ商品です。
フラット50とフラット35の違いは、申込時の年齢や借り入れ期間などです。
しかし、フラット50にもメリットだけでなく、デメリットもありますので、本記事で解説いたします。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


フラット50とはなにか

フラット50とは、長期優良住宅に対して最長50年の住宅ローンを提供する制度です。
長期優良住宅とは、省エネルギーや耐震性などの基準を満たした高品質な住宅のことで、国や地方自治体から認定を受ける必要があります。
フラット50の特徴は、全期間固定金利であることです。
金利が変動しないため、将来の返済計画が立てやすく、金利リスクを回避できるというメリットがあります。
また、長期優良住宅に対しては、金利優遇や減税などの支援も受けられます。
申し込みには、長期優良住宅認定通知書や所得証明書などの書類が必要です。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に重要になる仲介手数料の基礎知識を解説

フラット50とフラット35の違いについて

フラット50とフラット35ではどのような点に違いがあるのでしょうか。
フラット50は、申込時年齢が44歳未満で、借り入れ期間が36年~50年以内の場合に利用できる住宅ローンです。
対象住宅は長期優良住宅で、新築・中古住宅やマンション、リフォームなど幅広く適用されます。融資額(借り入れ額)は、最大で8000万円まで可能ですが、取得する住宅の建設費または購入費の9割以内となっています。
一方、フラット35は、申込時年齢が70歳以下で、借り入れ期間が35年以内の場合に利用できる住宅ローンです。
一定の耐震性や省エネ性などの基準を満たしている、新築・中古住宅やマンションなどを対象として適用されます。
融資額(借り入れ額)の上限は、フラット50と同じく8,000万円まで可能ですが、建築費または購入費全額分の融資が可能です。
以上のように、フラット50とフラット35の違いは、申込時年齢・借り入れ期間・対象住宅に違いがあります。

▼この記事も読まれています
永住権なしの外国人が住宅ローンを利用するには?審査への対策を紹介

フラット50を利用するメリット・デメリットについて

フラット50のメリットは長期間の返済により、毎月の返済額が減少する点です。
これにより、年収に対する返済額の割合が低くなり、高額なローンを借りることが可能になります。
また、長期優良住宅の特性を活用し、世代をまたいで住宅ローンを返済することが可能です。
さらに、フラット35やフラット20と併用することができ、融資条件を柔軟に設定することができます。
その反面、返済期間が長いため、総返済額が増加する点がデメリットとしてあげられます。
ローンの返済期間を50年とした場合、30歳未満で借り入れる必要があり、将来のライフプラン設計が難しくなることもあるでしょう。
定年退職後も返済が続くため、繰越返済をおこなうことで返済期間を短縮することが推奨されます。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に利用できる残価設定型の住宅ローンの仕組みとは?

まとめ

フラット50とは、住宅ローンの金利が固定された50年間の返済期間を持つ商品です。
フラット50は、フラット35やフラット20と併用することができ、融資条件を柔軟に設定することができます。
長期間にわたって安定した返済計画が立てやすいといえますが、金利が高く総支払額が多くなることや借り入れ時の年齢に制限があることがデメリットとしてあげられます。
大阪市の賃貸マンションや売買物件をお探しなら株式会社アフロファミリーサロンにお任せください。
賃貸・売買と幅広く対応しており、お客様に寄り添ったご提案をお約束いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


株式会社アフロファミリーサロンの写真

AFLO心斎橋店 スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLO心斎橋店では賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|入居審査の連絡が遅いと落ちる?連絡遅延の理由と早く結果を知る方法を解説   記事一覧   家賃の引き落とし日はいつ?引き落としに間に合わないときの対処法を解説!|次へ ≫

トップへ戻る