【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 外国人に不動産売却する理由とは?メリット・デメリットや手続きの流れも

外国人に不動産売却する理由とは?メリット・デメリットや手続きの流れも

外国人に不動産売却する理由とは?メリット・デメリットや手続きの流れも

近年増加傾向にあるのが、外国人に対して不動産を売却するケースです。
実際に不動産を外国人に売却した場合、相手が日本人であるときと何か違うのでしょうか。
そこで今回は、外国人に不動産を売却するケースが増加している理由をはじめ、メリットやデメリット、売却手続きの流れをご紹介します。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


外国人に不動産を売却するケースが増加している理由

不動産を外国人に売却するケースが増加している理由には、外国人からの需要の高まりにくわえ、外国人が不動産を購入しやすい状況が整っていることが挙げられます。
日本では、外国人が不動産を取得する際、日本人と同様の方法で入手できるため、外国人であっても特別な手続きは不要です。
また、海外では外国人が所有できる不動産を制限している国がある中で、日本は不動産の所有に関する制限が設けられていません。
外国人投資家にとって、購入した不動産を賃貸物件として活用することで手軽に家賃収入が得られるため、日本の不動産が魅力的に感じやすいです。
さらに、日本における外国人労働者の増加も、外国人が日本の不動産を売却するケースが多い理由の一つです。
これは主に、外国人が居住用として不動産を購入する傾向が関連しています。

▼この記事も読まれています
不動産の売却に影響を与えるにおいの対処法とは?

外国人に不動産を売却するメリットとデメリットとは

不動産を外国人に売却するメリットには、売れなかった不動産を売却できる確率が高まる点が挙げられます。
購入に際してのポイントが日本人と外国人で異なるため、日本人には魅力的に映らなかった物件でも、外国人には魅力的に感じられる可能性があります。
外国人は中古の不動産を含めて購入先を選ぶ傾向があり、中古物件を売却できる確率は、一般的には日本人に比べて高い傾向があります。
一方、不動産を外国人に売却するデメリットは、住宅ローンの審査が通りにくく、基本的には現金による一括払いが必要な点です。
これは日本国籍を取得した方や永住許可がある方に限定されているため、相手が現金で支払えない場合は売買契約が成立しない可能性があります。

▼この記事も読まれています
早期の不動産売却に有利!シロアリ点検をおこなうメリットを解説

外国人に不動産を売却する流れ

不動産を売却する流れは、日本人と外国人で違いはなく、一般的な手続きと共通しています。
まず、売却したい不動産を査定し、そのあとに不動産会社と媒介契約を結び、売却活動を開始します。
不動産を購入したい方と売買契約を締結し、決済とともに不動産を引き渡せば、一連の流れは完了します。
なお、不動産を外国人に売却する場合も、売買契約書の言語は日本語で問題ありません。
日本語で作成した売買契約書をあとで翻訳し、新たに作成したものを相手に確認してもらうようにしましょう。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際に結ぶ媒介契約とは?そのほかの契約との違いも解説

まとめ

日本の不動産に対する外国人からの需要の高まりを理由に、不動産を外国人に売却するケースは近年増加しつつあります。
外国人に売却するメリットやデメリットを踏まえ、外国人に売却する際は流れにそった形で手続きを進めましょう。
大阪市の賃貸マンションや売買物件をお探しなら株式会社アフロファミリーサロンにお任せください。
賃貸・売買と幅広く対応しており、お客様に寄り添ったご提案をお約束いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


株式会社アフロファミリーサロンの写真

AFLOファミリーサロン スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLO心ファミリーサロンでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|マンションでも猫は人気!飼育にあたって押さえたいポイントをご紹介!   記事一覧   賃貸物件の原状回復どうする?壁の画鋲跡やタバコのヤニの対処法をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る