【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 不動産売却時のライフラインは?解約のタイミングや方法または注意点とは

不動産売却時のライフラインは?解約のタイミングや方法または注意点とは

不動産売却時のライフラインは?解約のタイミングや方法または注意点とは

不動産を売却する際には、ライフライン(電気、ガス、水道)の解約が必要です。
しかし、そのタイミングや解約手続きには慎重に注意する必要があります。
以下では、不動産売却時のライフラインの解約する方法や解約するタイミングついて詳しくご説明します。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


不動産売却時のライフラインの解約するタイミングと内覧前に解約するべきではない理由

不動産を売却する際には、ライフラインを解約するタイミングが重要です。
とくに内覧前に解約すべきではありません。
なぜなら、内覧時には物件の魅力を最大限に引き出す必要があります。
電気がついていないと雨の日や夜間に部屋の中が見えづらい場合があります。水道を止めてしまうと下水の臭いが排水口から上がってきて、嫌な臭いが部屋に広がるかもしれません。
また、内覧時には検査や見積もりがおこなわれることもあり、その際にライフラインの状態が確認されることもあるでしょう。
内覧前に解約せず、売却が完了した後に解約手続きをおこなうことがいいでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却に影響を与えるにおいの対処法とは?

不動産売却時のライフラインの解約手続き方法とは

売却時の内覧に支障をきたさないためにも、電力・水道の解約は物件の引き渡し直前におこなうのがいいでしょう。
買主への引き渡しが決まった時点で行い、解約の直前になって申し込むことのないよう余裕をもって進めることが大切です。

電気

電気の解約は、契約している電力会社に電話やホームページにて申し込みをします。
電気メーターは家の外から操作できるので、解約日を伝え、住民側がブレーカーを落としておくだけで、電力会社のスタッフによる立会いは不要です。

水道

水道の解約は、管轄の水道局へ電話やホームページから申し込むことができ、解約日を伝えておけば立会い不要で停止手続きを進めてもらえます。
月の途中で解約した場合の水道料金については、自治体によって精算方法が違う場合があるので、管轄する自治体の水道局に確認しておきましょう。

ガス

ガス会社に電話やホームページで申し込めば、指定した日に停止手続きが可能です。

▼この記事も読まれています
早期の不動産売却に有利!シロアリ点検をおこなうメリットを解説

不動産売却時のライフライン解約の注意点とは

原則、解約したい日の前日などに連絡をしても、すぐには受け付けてもらえないことがあるため、電気・水道・ガスなどを停止する場合、解約の1週間前までに各会社へ連絡をするようにしましょう。
水道や電気を早めに止めると部屋の掃除や内覧などにも影響してしまうので、水道と電気はぎりぎりまで維持しておくことをおすすめします。
売却する家からガスコンロやガスファンヒーター等を新居へ持っていく場合、自分で機器を取り外す必要があります。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際に結ぶ媒介契約とは?そのほかの契約との違いも解説

まとめ

不動産売却時のライフライン解約は内覧前におこなうことはなるべく避け、売却完了後に手続きが望ましいです。
解約手続きについては、各ライフライン会社ごとに異なり、新しい住人への適切な移行や将来の必要性に備えて書類を慎重に管理することが大切です。
解約日程については、売主や不動産会社と調整し、物件の魅力を損なわないように注意しながら売却活動を進めていきましょう。
大阪市の賃貸マンションや売買物件をお探しなら株式会社アフロファミリーサロンにお任せください。
賃貸・売買と幅広く対応しており、お客様に寄り添ったご提案をお約束いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


株式会社アフロファミリーサロンの写真

AFLOファミリーサロン スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOファミリーサロンでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|一人暮らしの洗濯機におすすめの種類とは?選び方や注意点も解説   記事一覧   賃貸物件の共用部分とは?入居前に知るべき点を解説|次へ ≫

トップへ戻る