【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > フリーランスは住宅ローンが組める?審査されるポイントや注意点をご紹介

フリーランスは住宅ローンが組める?審査されるポイントや注意点をご紹介

フリーランスは住宅ローンが組める?審査されるポイントや注意点をご紹介

フリーランスとして働きながらも、マイホームの購入を検討している方もいるでしょう。
しかし、フリーランスはローンが組みにくいイメージを持つ方もいるかもしれません。
この記事では、フリーで働きながらもローンを組むのは可能かと、審査でチェックされるポイントや注意点をご紹介します。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


フリーランスでも住宅ローンを組むのは可能?

住宅ローンを組めますが、希望どおりの条件では組めないときがあります。
まず、フリーランスは収入が一定ではないケースが多いので、社会的に見ると安定した収入がないと見なされる場合が多いです。
また病気や怪我のときに、会社員とは異なり疾病手当が受けられないので、その点も考慮されます。
このように社会的な信用において公務員や会社員に比べて不利な立場にあるため、返済能力を金融機関に証明しなければなりません。
そのためには、確定申告書などの安定した収入を得ていると示す書類の提出が必要です。
また、収入が多くても経費を控除した所得が少なければ、返済能力があると見なされづらいです。
経費を差し引いても、収入が300万円以上あれば、審査がスムーズに進むケースが多いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に重要になる仲介手数料の基礎知識を解説

住宅ローンの審査でチェックされるポイント

とくにチェックされるポイントは、業務をおこなっている年数や他のローンの支払い状況、自己資金などです。
基本的には、独立してから3年以上経っているのが条件になります。
直近3年分の確定申告書の提出が求められる場合もあるので、独立してまもない方は3年経過してから申請するようにしましょう。
また他にローンや借金があるか、その支払い状況についても確認されます。
税金の支払い状況についても確認するため、課税証明書などの書類の提出を求められる場合もあります。
支払いが延滞した履歴があるなら、審査のマイナスポイントとなるでしょう。
他にも、健康状態も重要なチェックポイントになります。
病気で働けなくなってしまったら支払いが滞るとみなされるので、健康状況に問題がある場合は、審査のときにマイナスポイントとなるでしょう。

▼この記事も読まれています
永住権なしの外国人が住宅ローンを利用するには?審査への対策を紹介

住宅ローン利用時の注意点

自宅兼仕事場の併用住宅としてローンを組みたい場合は、延床面積に注意が必要です。
延床面積とは、建物すべての床面積を合計した面積です。
多くの金融機関が、仕事場として使用する面積が延床面積の50%以上を占める場合は、住宅ローンの対象外とする条件を設けています。
自宅に事務所や店舗を設ける場合は、延床面積の50%未満になるように気を付けましょう。
また、住宅に店舗や事務所を設置する場合、自己使用に限定している注意点もあります。
テナント貸しする場合は対象外となるので、注意しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に利用できる残価設定型の住宅ローンの仕組みとは?

まとめ

フリーランスでも住宅ローンを組むのは可能ですが、公務員や会社員に比べて審査が厳しいです。
主に、業務年数や借金や税金などの支払い状況、健康状態が良好かなどをチェックされます。
自宅と仕事場を兼用する場合は、仕事場が延床面積の50%未満か確認し、条件にあてはまればローンの申請準備を進めましょう。
大阪市の賃貸マンションや売買物件をお探しなら株式会社アフロファミリーサロンにお任せください。
賃貸・売買と幅広く対応しており、お客様に寄り添ったご提案をお約束いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


株式会社アフロファミリーサロンの写真

AFLOファミリーサロン スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOファミリーサロンでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|一人暮らしの高齢者の現状とは?リスクや対策を解説   記事一覧   賃貸物件を退去する流れとは?連絡方法や必要な手続きを解説|次へ ≫

トップへ戻る