【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > ファミリークローゼットの種類を解説!それぞれの特徴とは?

ファミリークローゼットの種類を解説!それぞれの特徴とは?

ファミリークローゼットの種類を解説!それぞれの特徴とは?

ファミリークローゼットとは、家族全員の衣類や荷物をまとめられるクローゼットで、子育て世帯の日常生活で欠かせない収納スペースです。
しかし、効率的な収納方法をしなければデッドスペースが生まれてしまい、使い勝手が悪くなりがちです。
今回は、I型クローゼット、Ⅱ型クローゼット、L型クローゼットそれぞれの特徴と効率的な収納方法について解説します。

AFLOへのお問い合わせはこちら


ファミリークローゼットの種類①:I型

I型クローゼットは、一直線に長い形状をしており、奥行きがあまりない特徴があります。
ほかのタイプと比較してもっとも収納力が低い特性から、この限られた収納空間を最大限活用するためには工夫が必要です。
たとえば、衣類タンスや収納ボックスなどをおいて収納すると、収納力を増やすことができます。
また、上部の棚には、使用頻度が低いものや小物などをおくと、スペースを有効活用できるでしょう。
I型クローゼットの使い勝手を良くするためには、このように収納物の配置や整理方法に工夫を凝らすことが重要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

ファミリークローゼットの種類②:Ⅱ型

Ⅱ型クローゼットは、収納が部屋の両側にあり、真ん中が通路になったタイプのクローゼットです。
I型クローゼットよりも余裕があるため、より柔軟な使い方ができます。
ただ、正面の壁面や、ハンガーパイプの下部がデッドスペースになりがちです。
正面の壁面には、全身鏡や棚を設置すればスペースを有効利用できます。
また、ハンガーパイプの下部には衣類を収納する引き出しやバスケットを配置したりすると、お店ようなディスプレイになるでしょう。

▼この記事も読まれています
デザイナーズ賃貸マンションは個性がウリ!メリット・デメリットは何?

ファミリークローゼットの種類③:L型

L型クローゼットは、部屋の隅の2方向に広がる形状をしたタイプのファミリークローゼットです。
収納力が高く、使い勝手が良いとされていますが、L字の隅部分がデッドスペースになりやすいのが特徴です。
この特徴を活かすために、L字の隅には季節物の家電やスーツケースなど、使用頻度の低いものを収納しましょう。
また、ハンガーパイプがL字になっている場合、洋服をかけられないスペースができてしまいます。
そのようなときな、突っ張り棒を使用してギリギリまで収納できるようにして、衣類を掛けるスペースを確保しましょう。

▼この記事も読まれています
一人暮らしで利用したい家電レンタルのメリットとは?

ファミリークローゼットの種類③:L型

まとめ

クローゼットの特徴や収納方法は、その形状によって異なります。
デッドスペースを減らして有効利用するために、I型、Ⅱ型、L型それぞれのクローゼットに適した収納方法を理解することが大切です。
日常生活をより快適に過ごすために、収納スペースを最大限に活用しましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!

AFLOへのお問い合わせはこちら


AFLOの写真

AFLO スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本トレンドリサーチ)のAFLOでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|ベランダの鳥のフンの掃除方法や被害対策をご紹介   記事一覧   内容証明とは?賃貸物件のトラブル事例や送り方を解説|次へ ≫

トップへ戻る