【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 建売住宅は建築前に契約できるのか?その流れやメリットについて解説

建売住宅は建築前に契約できるのか?その流れやメリットについて解説

建売住宅は建築前に契約できるのか?その流れやメリットについて解説

建売住宅は、完成した建物を購入するのが一般的ですが、実は建築前にも契約ができます。
しかし、どのようにすれば建築前契約ができるのかを知らない方も多いのではないでしょうか。
ここでは、建売住宅を建築前に契約する流れやメリットについて解説していくので、参考にしてください。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


建売住宅を建築前に契約する流れ

建築中の建売物件を購入できるのかと疑問に感じている方もいると思いますが、答えは「可能」です。
建築中でも、建築確認を取得済みの物件であれば売買が可能です。
建築確認を取得していない物件は、購入できません。
ポータルサイトなどに掲載されている物件は、そのほとんどが建築確認を取得していると捉えて問題ありません。
基本的な売買契約の流れは、購入の申込をおこない土地建物の売買契約締結と手付金の支払いをおこないます。
その後、建物の建築工事が始まり完成したら買主による竣工検査をおこない、その後問題がなければ残金の支払いと引き渡しとなります。
注意点として、売買契約を結ぶ前には、その建物の建築プランや仕様などをあらかじめ図面などでしっかりと確認しておかなければいけません。
また、買主による竣工検査は必ず実施をしなければいけないのですが、売主によっては要望がない場合には竣工検査をおこなわないケースがあるので注意しましょう。
竣工検査の際には第三者の立ち会いも可能ですので、専門的な知識がない場合などには、依頼すると安心です。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に重要になる仲介手数料の基礎知識を解説

建売住宅を建築前に契約するメリットとは

建売住宅を建築前に契約する場合、区画から選べるケースが多いです。
建売住宅は、基本的に分譲地に建設が計画されます。
広い敷地を区画に区切って販売されますが、土地面積や形状などによって価格に差が生じます。
条件は良くないが価格が安い物件や条件が良いが価格が高い物件など、条件や好みによって選択が可能なのがメリットです。
完成した建物を購入する場合には、建築途中の確認ができません。
完成してからでは確認のできない基礎部分や骨格部分などもしっかりとチェックをおこなえるのもメリットです。
あってはならないことですが、欠陥住宅のなかには基礎の不具合や骨格の不具合のある建物も存在します。
このようなトラブルも、建築前であれば確認ができるのも大きなメリットです。
また、条件の良い物件は、他にも希望する方も多いので、建築前に契約をおこなっておけば、確実に購入ができるのもメリットでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に利用できる残価設定型の住宅ローンの仕組みとは?

まとめ

建売住宅は建築前に購入が可能です。
建築前でも、建築確認済みであれば契約が可能です。また、建築確認がない物件はポータルサイトに掲載されません。
建築前に購入するメリットは、希望の区画を選べたり、建築途中の状況を把握できる点です。
購入の流れをしっかりと把握し、希望の物件を購入しましょう。
大阪市の賃貸マンションや売買物件をお探しなら株式会社アフロファミリーサロンにお任せください。
賃貸・売買と幅広く対応しており、お客様に寄り添ったご提案をお約束いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

株式会社アフロファミリーサロンへのお問い合わせはこちら


株式会社アフロファミリーサロンの写真

AFLOファミリーサロン スタッフブログ担当

「大阪市 不動産会社」口コミ人気、総合満足度、アフターフォロー満足度第1位(調査提供:日本ナンバーワン調査総研)のAFLOファミリーサロンでは賃貸マンションや売買物件の情報を提供しています。ブログでも不動産に関するコンテンツをご紹介します。


≪ 前へ|田の字マンションの特徴とは?物件選びのポイントをご紹介   記事一覧   心斎橋駅周辺に良い保育園はある?おすすめの施設を2軒ご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る