株式会社アフロ > 株式会社アフロ AFLO心斎橋店のスタッフブログ記事一覧 > 4LDKのマンションが売りにくい理由とは?スムーズに売却する方法も解説

4LDKのマンションが売りにくい理由とは?スムーズに売却する方法も解説

4LDKのマンションが売りにくい理由とは?スムーズに売却する方法も解説

4人家族にとって4LDKの間取りは、夫婦の寝室や子ども部屋、仕事や趣味の部屋など家族一人一人に十分なスペースが取れて、広くて便利なイメージがあります。
しかし、一般的に4LDKのマンションは、売却するときに苦戦すると言われています。
そこで今回は、「なぜ4LDKのマンションが売却しにくいと言われるのか」「スムーズに売却するにはどうしたら良いのか」を解説していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

4LDKのマンションを売却するときに売りにくいと言われる理由は?

4LDKのマンションが売りにくいと言われる理由には、まず価格が高いことがあげられます。
昨今マンションを探す方が重要視する条件で常に上位に入ってくるのは「価格が適切であること」です。
4LDKのマンションは部屋が広いので当然価格も高くなり、マンションを探している方からすると手が出しにくい価格帯と言えるでしょう。
また、4LDKは4人家族にとって必要な部屋数が確保できる点がメリットですが、少子化にともない4人家族は減っており、部屋が4つあるというのは現代の家族構成に合わなくなってきています。
購入当時は子ども部屋として2部屋使用していた部屋も、子どもが独立すると空き部屋となってしまい、残された夫婦2人では部屋を持て余してしまうことになるでしょう。
そのため、現在では3LDKの間取りを探す方が多く、販売されている間取りも3LDKが中心となっているのです。
4LDKのマンションは「価格が高い」「現代の家族構成には部屋が多すぎる」という2点の理由から売れにくいと言われているようです。

4LDKの間取りのマンションをスムーズに売却する方法は?

マンションを売却するときには、少しでも売れるようにとリフォームやリノベーションをおこなってから売却することがありますが、これはあまりおすすめできる方法ではありません。
中古でマンションを購入しようと思っている方は、自分の好きな空間や間取りへの変更を検討している方が多くいらっしゃいます。
売主がリフォームをおこなうと、その費用も販売価格に乗せることになり価格が上がり、購入希望者の好みでない場合はなかなか買い手がつかないことになりますので、そのままにしておくのがスムーズに売却するコツです。
また、最近の3LDKの物件は収納スペースが少ないことがネックになる場合がありますので、売却時には4LDKのメリットである収納スペースの多さをしっかりアピールする方法も有効です。
昨今では3LDKが主流だとお伝えしましたが、逆に言えば4LDKは希少であるとも言えますので、探している方は一定数いらっしゃいます。
その方に物件を気に入ってもらうためにも、収納以外にも物件のメリットはなるべく多くピックアップして、売却時に伝えられるようにしておくことが重要です。

まとめ

4LDKのマンションは現代の家族構成に合わないため、売りにくいと言われていますが、決して需要がないわけではありません。
スムーズに売却するためにも、「買い手の好みに合わせられるようリフォームやリノベーションを控える」「4LDKのメリットを十分にアピールする」などの対策方法を試してみると良いでしょう。
私たち株式会社アフロでは、大阪市内不動産情報を豊富に取り扱っております。
部屋探しだけでなく、収益物件に関するご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|これで返済が楽になる!?住宅ローンのボーナス払いとは?   記事一覧

トップへ戻る

来店予約