【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件のオーナーが気にすべき管理会社の「集客力」

賃貸物件のオーナーが気にすべき管理会社の「集客力」

賃貸物件を所有するオーナーにとって、委託する管理会社の集客力が、その物件の入居率へつながります。

 

今回は、賃貸物件のオーナーが気にすべき管理会社の「集客力」について、まとめてみました。


賃貸物件の入居申込書


「集客力」が気になる賃貸物件のオーナーが気にすべき管理の種類とは


自己所有の賃貸物件を管理する方法としては、「委託管理・サブリース・自己管理」を選ぶことになります。

 

自己管理については、もちろん管理費を管理会社に支払う必要はありませんが、

自らが大家として、家賃の集金や督促・清掃やメンテナンスをおこなう必要があり、多くの時間がかかってしまいます。

 

そのため、投資用の不動産をお持ちの方は、一般的に委託管理かサブリースを選択する場合が多いでしょう。

 

委託管理とサブリースの違いは、物件の管理のみを委託する(委託管理)か、建物ごと管理を任せるか(サブリース)の違いです。

 

もちろん、委託管理よりサブリースのほうが、安定的な家賃収入を得ることができる一方、管理費は多くかかります。

 

委託管理費は家賃の数%の手数料ですが、サブリースに関しては一般的に委託管理の2~3倍の手数料を支払う必要があります。

 

また、委託管理の場合、入居者の募集に関しては、自らおこなうか、仲介会社に依頼して集客をすることになりますが、サブリースは入居者の募集に関しても一任できます。

 

ただし、礼金や更新料についてはサブリース会社に渡す必要がある点には注意が必要です。


賃貸物件のオーナーが気にすべき「集客力」は入居率に直結する!


管理会社に管理を依頼する場合にオーナーが気にすべきなのは、ズバリ、管理会社の「入居率」です。

 

入居率が高いということは、それだけ管理がしっかりしており、集客も安定しているということになるのです。

 

一方、サブリースの場合には、入居率は気にする必要はありません。

 

そもそも家賃保証があるため、入居率よりもオーナーが気にすべきは「保証率」になります。

 

保証率とは、サブリースの手数料が家賃の20%だとすれば、家賃の保証率は80%という意味合いです。

 

ただし、サブリースの場合には、家賃の賃料を独自査定したり、家賃保証の期間が決まっていたり、保証率が毎年減っていく場合もあります。

 

物件を丸ごと任せるわけですから、事前の契約書についてはしっかりと確認しておくべきでしょう。

 

また、サブリース契約を解除された際に、管理がおざなりになっていた場合、その後が非常に厄介です。

 

管理を任せる範囲を広げれば広げるほどオーナーは楽になりますが、その分、実態の現状把握が難しくなることは、認識しておかなければなりません。


まとめ


投資用不動産の管理を委託する場合には、管理のみを委託すべきか、物件そのものの運営まで任せるべきか、必要な手数料を勘案しながら、決めていく必要があります。

 

管理委託でオーナーの負担は減りますが、委託する会社の「入居率」や「保証率」をしっかりと確認し、安定した家賃収入を得ることができるように、管理会社選びについては、十分に検討しましょう。


アフログループでは大阪市天王寺区・浪速区・中央区・西区・北区に店舗を設けております。

リーシングについてもお任せ下さい!


大阪市内で管理会社をお探しなら、株式会社アフロ までぜひお問い合わせください 不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う、営業時間短縮のお知らせ   記事一覧   オープンハウス終了|次へ ≫

トップへ戻る