【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

カテゴリ:なんばエリア情報

定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

探している方であれば「定期借家契約とは何か?」と疑問に思ったことがあるかもしれません。
契約の種類と特徴を知らずに賃貸借契約を締結すると、入居後のトラブルに発展してしまう可能性があるでしょう。
この記事では、定期借家契約と普通借家契約の違いとは何か、定期借家契約を利用するメリット・デメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

定期借家契約と普通借家契約の違いとは何か

賃貸物件の契約には、以下の2種類があります。

●定期借家契約
●普通借家契約


定期借家契約とは、あらかじめ定められた契約期間が満了したら、賃貸契約が終了し、自動更新がおこなわれない契約を指します。
一方、通常の普通借家契約は2年更新で、入居者が希望すれば更新して同じ賃貸物件に住み続けられます。
2つの契約の大きな違いは「契約満了後に確実に契約が終了するか」という点です。
定期借家契約は、入居者と大家さんの合意がない限り、再契約して住み続けることができません。

▼この記事も読まれています
交通や買い物に便利な街「浪速区」の住みやすさについて

定期借家契約の賃貸物件に住むメリット

定期借家契約の場合、周辺にある賃貸物件の相場よりも安い家賃で住めるケースがあります。
また、期間限定で賃貸物件に住める点もメリットとしてあげられます。
賃貸物件を借りる方のなかには単身赴任で1年間だけ借りたい・建て替えの仮住まいとして、一時的に住みたいという方がいるでしょう。
前述したとおり、普通借家契約の期間は2年に設定されている場合が多いです。
一方、定期借家契約は1年以下の短期間の契約が可能なのです。

▼この記事も読まれています
大阪市中央区の住みやすさ!日本屈指の商店街やビジネス街の防犯対策は?

定期借家契約の賃貸物件に住むデメリット

賃貸物件に住む方のなかには、入居後に仕事や家庭環境などの事情により、途中解約をしたいと思うことがあるかもしれません。
定期借家契約の場合、途中解約の申請ができるケースが限定されています。
また、原則として契約期間満了後に再契約できない点もデメリットとしてあげられるでしょう。
入居者が住み続けたいと思っても、大家さんの合意なしに住み続けることはできません。
新たな住まいを探したり、引っ越しの準備をしたりなど、多くの手間が増えてしまうケースがあるのです。
契約する際は、契約期間や途中解約に関する制約などがないかを確認するようにしましょう。

▼この記事も読まれています
大阪市浪速区にある駅近スーパー3つをご紹介!

定期借家契約の賃貸物件に住むデメリット

まとめ

賃貸借契約には、普通借家契約・定期借家契約の2種類があります。
定期借家契約は短期間の賃貸契約が可能ですが、途中解約や再契約ができないデメリットがあります。
契約締結前に、契約期間や途中解約に関する制約について確認することを忘れないようにしましょう。
私たちAFLOなんば店では、大阪市浪速区の不動産情報を豊富に取り扱っております。
土地建物の売却でお困りでしたら、弊社までご連絡ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク   記事一覧   西田辺駅の周辺にあるおすすめの産婦人科を2院ご紹介|次へ ≫

トップへ戻る