【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸契約の入居審査でチェックされるポイントは?審査に通るためのコツも!

賃貸契約の入居審査でチェックされるポイントは?審査に通るためのコツも!

賃貸の契約をするときは、契約書にサインをすればすぐに契約できるわけではなく、入居審査を受けなければなりません。

 

入居審査には、年収や連帯保証人など、チェックされるポイントがいくつかあります。

 

どのようなポイントをチェックされるのか、また、どうすれば審査に通りやすくなるのかをご説明しましょう。


賃貸契約時にはなぜ入居審査が必要?

 

賃貸契約時にはなぜ入居審査が必要?


そもそも、なぜ賃貸契約時には入居審査を受けなければいけないのでしょうか。

 

それは、賃貸物件のオーナーや不動産会社が安心して住宅を貸すためです。

 

もし、賃貸契約を結びたいと言ってきた人の収入が安定していなければ、毎月しっかり家賃を払ってくれるか心配になりますよね。

 

また、その賃貸物件に住んでいる他の住人と馴染めなさそうな人であると、住人同士のトラブルにもつながりかねません。

 

そのようなことがないよう、誰にでも家を貸すのではなく、オーナーや不動産会社が認めた人に貸すために入居審査を行います。

 

賃貸の入居審査でチェックされるポイント


審査でチェックされるポイントとしては、先ほども少し触れましたが、次の2点が重要です。

 

●家賃を毎月しっかり払える経済力があること

 

契約者が家賃を滞納してしまうと、賃貸物件オーナーの家賃収入に影響が出てしまいます。

 

そのため、審査では契約者の収入や、過去に家賃などの滞納歴がないかどうかが重視されます。

 

また、契約時には連帯保証人の情報を提出します。

 

連帯保証人とは、万が一、契約者が家賃を支払えなかった場合、代わりにその支払いの責任を負う人のことです。

 

したがって、審査では連帯保証人の経済力が安定しているかどうかもチェックされます。

 

●問題を起こしそうな人物でないこと

 

審査のときには、契約者の人柄もチェックされます。

 

不動産会社を訪れた際の言動に問題があったり、身なりがきちんとしていなかったりすると、審査で落とされてしまう可能性があります。

 

また、夜勤の仕事をしていると他の住人との生活リズムが合わず、騒音トラブルになる可能性が高まるため、契約を断られてしまうこともあります。

 

少しでも賃貸の入居審査に通りやすくするためには


入居審査に通りやすくするために、以下の点に気をつけてみましょう。

 

●家賃は年収の36分の1までに抑える

 

家賃の支払い能力があると評価されるためには、収入に見合った家賃の賃貸を選ぶことが重要です。

 

家賃を年収の36分の1以下に抑えておくと、無理なく毎月の支払いができるでしょう。

 

ただし、年収だとボーナスを含むので、ボーナスから家賃を払うことは考えない場合は月収の3分の1を目安にしましょう。

 

●収入の安定している家族・親族を連帯保証人にする

 

連帯保証人は、契約者が家賃を支払えないとき代わりに支払うので、契約者と同じように収入の安定が重視されます。

 

また、契約者の家族や親族など、近しい間柄であるかもポイントです。

 

もしどうしても連帯保証人に相応しい人が見つからない場合は、保証会社を利用できる賃貸を選ぶと保証人不要で契約できます。

 

●賃貸物件のオーナーや不動産会社の人と会うときの印象をよくする

 

オーナーや不動産会社の人と会うときには、話し方や服装、態度などに気をつけ、印象が悪くならないようにしましょう。

 

スーツのようなフォーマルな服装である必要はなく、清潔感がある服装であればOKです。

 

まとめ


入居審査でどのようなポイントをチェックされるのか、また、どうすれば審査に通りやすくなるのかをご説明しました。

 

もし過去に家賃の滞納歴があったり、連帯保証人を任せられる人がいなかったりなど、審査を受ける上で心配な点があれば、あらかじめ不動産会社に相談してみても良いでしょう。

 

より審査に通りやすい賃貸を紹介してもらえるかもしれません。

 

これから賃貸物件を探す方はぜひ参考にしてください。

 

株式会社アフロ 心斎橋店では、大阪市中央区・浪速区の賃貸物件をご紹介しています。

 

上記エリアにて賃貸物件をお探しの方は当社までお問い合わせください。

不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|賃貸物件への住み替えはタイミングを考えれば費用を抑えられる!   記事一覧   年末年始休業のお知らせ|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る