【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

カテゴリ:なんばエリア情報

賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

賃貸物件を契約更新するときに必要となる更新料を支払いたくないと感じる方がいて、なかには引っ越すケースも生まれています。
この記事では、どうして更新料を支払わなければならないのか、支払わない場合に考えられるリスクなどをご説明するので、賃貸借契約をお考えの方はお役立てください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件に必要となる更新料とは何か概要をご説明

賃貸物件の契約期間は2年となるのが一般的で、更新とは契約期間の満了に伴い契約を継続するために必要な手続きのことです。
更新料とは、更新手続きの際に必要となり、家賃の1か月分が相場と言われますが、古くからの慣習であって法律で定められているものではありません。
首都圏では、家賃の1か月分が相場となっていますが、半月分ほどの地域や、かからない地域も存在します。
また、首都圏でもかからない物件や安く設定しているケースがあるので、賃貸借契約書を確認しましょう。

▼この記事も読まれています
交通や買い物に便利な街「浪速区」の住みやすさについて

賃貸物件の更新手続きの流れや更新料の支払い方法

契約更新日の2か月から3か月ほど前になると、不動産会社などから更新の意思確認と、更新手続きに関して連絡が届くのが一般的です。
1か月前を過ぎても案内が届かない場合は、不動産会社などへ確認するようお勧めします。
届いた書類のうち返送が必要なものについては、必要な事項を記入して必ず期限までに返送しましょう。
更新料などを指定された口座へ振り込み、契約更新の日になったら管理会社などへ行き、新たな契約書にもとづいて手続きをおこなうのが更新手続きの流れになります。
更新時には、ほかにも火災保険料や、保証会社を介している場合は保証料が必要になる場合もあるので注意が必要です。
また、支払い期日は不動産会社などから届く通知書に記載され、家賃と同じように口座引落によりおこなわれるケースが多くなります。
ただし、支払い方法や期日は、それぞれのケースで扱いが異なるので必ず確認してください。
なお、解約する場合は退居日の1か月前までに通知するのが一般的ですが、契約書に記載されているので確認して通知が遅れないようにしましょう。

▼この記事も読まれています
大阪市中央区の住みやすさ!日本屈指の商店街やビジネス街の防犯対策は?

賃貸物件の更新料を支払わない場合に考えられるリスク

契約書に、契約更新時に支払うと明記されている場合は支払う義務がありますが、記載がない場合や更新料不要などと記載されていれば支払う義務はありません。
なお、契約書に記載されているにも関わらず支払わない場合には、強制退去を命じられるなどの可能性があります。
入居者が契約書で決められている内容を守らないことは、貸主側が契約を解除する正当な事由にあたるので、必ず契約書を確認しましょう。

▼この記事も読まれています
大阪市浪速区にある駅近スーパー3つをご紹介!

賃貸物件の更新料を支払わない場合に考えられるリスク

まとめ

賃貸物件に必要となる更新料の概要や手続きの流れ、支払わない場合に考えられるリスクをご説明しました。
法律で決められたものではありませんが、契約書に記載されている場合には支払わなければなりません。
更新料不要の物件もありますので、賃貸借契約をお考えの方は契約を締結する前に必ず契約書を確認しましょう。
私たちAFLOなんば店では、浪速区の賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|アパート建築が節税になる仕組みとは?注意点や抑えられる税金もご紹介!   記事一覧   定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る