口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > 株式会社アフロ AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 手取り18万円で一人暮らしはできる?家賃を抑えた部屋の探し方もご紹介!

手取り18万円で一人暮らしはできる?家賃を抑えた部屋の探し方もご紹介!

手取り18万円で一人暮らしはできる?家賃を抑えた部屋の探し方もご紹介!

「一人暮らしを検討しているけれど、手取り18万円で生活できるか不安」と初めての一人暮らしで、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。
手取り18万円で一人暮らしをするには、どれくらいの家賃の部屋を選べば良いのでしょうか。
そこで今回は、手取り18万円で一人暮らしはできるのか、生活費の内訳と家賃を抑える部屋の探し方をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

手取り18万円で一人暮らしするときの家賃目安とは?

一般的に、家賃の相場は手取り額の3分の1といわれています。
そのため、手取り18万円の場合でも、家賃6万円程度の部屋を選べば一人暮らしは可能です。
家賃の目安は6万円ですが、それ以下に抑えることができれば余裕を持って生活できるでしょう。
反対に、6万円以上の家賃の部屋を選んでしまうと、食費などの生活費を節約したり、貯金ができなかったりする可能性があるため注意が必要です。
管理費・共益費を含めて、支払いが難しくならない程度の部屋を探すと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

手取り18万円で一人暮らしをするときの生活費の内訳とは?

生活費で大きな割合を占めるのが、食費・水道光熱費・通信費です。
自炊の頻度にもよりますが、食費は毎月3~4万円、水道光熱費は1万円、通信費は1万円程度といわれています。
そのほかにも日用品・消耗品代や交通費・医療費・交際費などが毎月の支出で、家賃を含めた生活費は合計で15万円程度です。
毎月2~3万円が自由に使える金額になるため、ある程度余裕のある生活をすることができるでしょう。
自炊の回数を増やしたり、スマートフォンの契約プランを見直したりすることで、支出を減らすことは可能です。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

手取り18万円で一人暮らしするための部屋の探し方とは?

できるだけ家賃を抑えるには、初期費用が不要の部屋を選んだり、希望の条件を絞ったりすることが大切です。
初期費用は引っ越し前に必要になる仲介手数料・敷金・礼金などで、初期費用が安い物件を選ぶと入居前の費用を抑えることができます。
また、駅から近い物件ほど家賃が高くなる傾向があるため、徒歩10分以上離れた場所で探しても良いでしょう。
築年数も家賃を左右する要素のひとつです。
築年数が浅い物件ほど人気が出る傾向にあり、古い物件を探すことでより家賃が抑えられる可能性があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

手取り18万円で一人暮らしするための部屋の探し方とは?

まとめ

今回は、手取り18万円で一人暮らしはできるのか、生活費の内訳と家賃を抑える部屋の探し方をご紹介しました。
手取り18万円でも、一人暮らしをすることはできます。
しかし、部屋の家賃や生活費の使い方によっては余裕がなくなってしまう可能性もあるため、しっかりとシミュレーションして部屋探しをすることが大切です。
私たちAFLOでは、賃貸物件の管理に関するご相談を受け付けています。
大阪市浪速区・中央区で管理会社をお探しの方、所有する収益物件のリノベーションについてのご相談は、お気軽に弊社までお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|男子大学生が一人暮らしをするときの部屋選びのポイントとは   記事一覧   賃貸物件を契約した際の礼金とは?相場や交渉しやすい賃貸物件についてご紹介|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る