【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件の初期費用は高すぎる!安く抑える方法をご紹介!

賃貸物件の初期費用は高すぎる!安く抑える方法をご紹介!

賃貸物件の初期費用は高すぎる!安く抑える方法をご紹介!

賃貸物件を探しに不動産へ行き、内見をしていくつか良さそうな物件があったときに初期費用の見積もりを出してもらうと、高すぎると思う方もいるでしょう。
賃貸物件の初期費用はどの不動産に行っても、高すぎると感じる場合はあると思います。
そのような悩みを抱えている方へ、今回は、賃貸物件の初期費用を安くする方法などをご説明していきます。

賃貸の初期費用の相場について

賃貸物件を契約するときの初期費用は、一般的には、家賃の4~6か月分が相場とされています。
初期費用の内訳は敷金と礼金、前家賃、仲介手数料、保証金、火災保険、鍵の交換の費用などです。
敷金は家賃を滞納したときや退去するときの掃除代金にするための先に払って預けておく費用です。
今は保証人が不要で保証会社に入る場合が多いので、保証会社へ払う保証金もかかります。
火災保険は2年契約で15,000円前後が相場となりますが、1年ごとに更新する契約や、月額制の場合もあります。
また必ずしもこの項目の費用がかかるわけでもなく、逆にこの項目以外にもかかる費用が出る場合もあるので注意しましょう。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

賃貸の初期費用を安く納める方法について

初期費用が高すぎると感じたときの対処法は主に2つあります。
まず、クレジットカードを使って分割払いをするのがよく使われる方法です。
ただ賃貸物件の場合は分割払いができない物件もあるので、事前に確認することをおすすめします。
分割払いにした場合は、その後の家賃や生活費のことも考えないといけないので注意しましょう。
次の方法は、大家さんなどに交渉する方法で、費用の項目によって交渉する先を選ぶことも重要となります。
たとえば、仲介手数料は不動産会社へ交渉し、敷金や家賃は大家さんに交渉するといったように誰に交渉すれば良いかも考えましょう。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

賃貸の初期費用を安く抑えられる物件について

初期費用が安くすむ賃貸物件の探し方はまず、仲介手数料が安い不動産会社を探すことです。
一般的に仲介手数料は1か月分が多いですが0.5か月などもあります。
次にフリーレントの賃貸物件を探すことです。
最初の1か月を家賃0円としてくれるようなサービスで、初期費用を抑えることができます。
次が、ゼロゼロ物件です。
敷金と礼金が0円である物件で、こちらも初期費用を抑えられます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

賃貸の初期費用を安く抑えられる物件について

まとめ

賃貸物件の初期費用の見積もりをみて高すぎると感じる方は多いと思いますが、今回ご紹介したように相場が家賃の5か月程度となっています。
高すぎると感じる場合は安く抑えられる物件もなかにはあるので、不動産会社の方へ相談して安く入れる物件を見つけるようにしましょう。
私たちAFLOでは、浪速区の賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|駅徒歩20分の賃貸物件の駅からの距離やメリット・デメリットも解説!   記事一覧   賃貸物件に家電が入らない!対処法をご紹介!|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る