【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 二人暮らしの間取り!いろんな間取りを比較してご紹介!

二人暮らしの間取り!いろんな間取りを比較してご紹介!

二人暮らしの間取り!いろんな間取りを比較してご紹介!

同棲やルームシェアなどで二人暮らし用の賃貸物件を探している方であれば、どのくらいの間取りの部屋にしたほうが良いのかと悩んでいる方は多いかもしれません。
今回は二人暮らしをする際に、おすすめの間取りを1LDK・2DK・2LDKの3つを比較してご紹介していきます。

二人暮らし向けのおすすめ間取り「1LDK」の特徴と比較

二人暮らしで1LDKの間取りがおすすめの方は、一緒の時間を多く過ごす同棲生活を求める方です。
1LDKはLDKともう1部屋ある間取りなので、実際は2部屋です。
LDKはリビングとダイニングキッチンが同じ部屋内にあるので1室とカウントします。
1LDKのメリットは同じ空間に長い時間一緒にいられることです。
一方で1LDKのデメリットは、自分だけのスペースがほとんどないので1人になる空間がない点です。
毎日同じ部屋で一緒にいても問題がない方々でしたら1LDKは向いています。
将来広いマンションや一戸建てを計画している方で短期的に同棲をするという方にも向いています。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

二人暮らし向けのおすすめ間取り「2DK」の特徴と比較

2DKの間取りがおすすめな方は、2人で生活リズムが異なったり、それぞれの部屋が欲しい方です。
2DKは、DK(ダイニングキッチン)と2部屋あるので、全体で3部屋あります。
2DKのメリットは、食事をする部屋と寝る部屋を分けられる点です。
一方で2DKのデメリットは、和室がある場合も多く、畳などはt退去費用が高くなってしまう可能性が高いので注意する必要があります。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

二人暮らし向けのおすすめ間取り「2LDK」の特徴と比較

2LDKは、それぞれの時間を自分だけの空間ですごしたい方や在宅勤務などの仕事をしている方に向いています。
2LDKは、LDKと2部屋ある間取りとなり全体で3部屋あるので、それぞれの個人の部屋が確保できます。
2LDKのメリットは大きめのソファーを置いたり、自分だけのスペースが作れたりする点です。
一方で、2LDKのデメリットは、間取りが広いので家賃が高くなることや、エアコンなどの電気代が高くなることです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

二人暮らし向けのおすすめ間取り「2LDK」の特徴と比較

まとめ

今回は二人暮らしをする際に、おすすめの間取りを1LDK・2DK・2LDKの3つを比較してご紹介しました。
それぞれの間取りに、メリットやデメリット、向いている方が違います。
生活リズムによって合う間取りが違うため、自分たちの生活リズムを考えてどの間取りが良いかを考えて、楽しい二人暮らしをしましょう。
私たちAFLOでは、浪速区の賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|アルバイト学生は賃貸物件を借りられる?生活費の目安や抑える方法をご紹介   記事一覧   西田辺駅にある学校法人たつみ学園 ながいけ認定こども園のご紹介|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る