【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 解約予告期間とはなに?予告期間の長さや守るために必要なことを解説!

解約予告期間とはなに?予告期間の長さや守るために必要なことを解説!

解約予告期間とはなに?予告期間の長さや守るために必要なことを解説!

賃貸物件から退去する際、オーナーに「明日引っ越します」と告げて急に引っ越すことはできません。
物件ごとに「解約予告期間」が設定されており、その期間を守って退去日を決めることが必要です。
今回は賃貸物件の解約予告期間とはなにか、予告期間の長さや予告期間を守るために必要なことについて解説します。

解約予告期間とはなにか?

解約予告期間とは、賃貸物件の借主が貸主に解約の意思を通知するのに必要な期間です。
たとえば解約予告期間が2か月と決められている場合、退去したい日の2か月以上前に解約することを告げなければいけません。
解約予告が必要なのは、契約期間の途中に借主の都合で解約する、いわば中途解約をおこなう場合です。
もし解約予告期間を過ぎてしまった場合、過ぎた分の家賃を日割り計算で支払わなければいけません。
引っ越しを済ませてからしばらく家賃の二重払いをしなければいけない状態になるので、注意が必要です。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

解約予告期間の長さはどのくらい?

賃貸物件の解約予告期間の長さは、だいたい1か月~3か月前に設定されていることが多いです。
物件によって解約予告期間が異なるので、気になる方は賃貸借契約の際に交わした契約書を見て確認しましょう。
解約予告期間が設定されているのは、部屋に空きが出ると、その間家賃収入が得られなくなってしまう貸主側の都合が理由です。
1か月~3か月の解約予告期間があれば、その間に次の借主を探せます。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

解約予告期間を守るために必要なことは?

解約期間を過ぎてしまうと過ぎた分の家賃を日割り請求され、大きな損をしてしまいかねません。
進学・転勤・転職などで引っ越しをする可能性があるときは、すぐ賃貸借契約書を確認しましょう。
賃貸借契約書には解約予告期間がどのくらいの長さかや、予告期間を過ぎた場合に違約金が発生するかどうかについて書かれています。
退去の際に求められる「原状回復」の範囲や請求される清掃費用についても、あわせて確認することが大切です。
また、解約予告期間を守るために、早めに次の引っ越し先を探しておくことも意識しておきたいものです。
解約予告期間を守って借主に退去の連絡を入れた後、次の引っ越し先がなかなか見つからないと困ってしまいます。
慌てて次の住まいを契約した結果「自分が納得する条件の部屋を見つけられなかった」などのトラブルも想定されるため注意が必要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

解約予告期間を守るために必要なことは?

まとめ

賃貸物件の解約予告期間がどのくらいの長さかは契約によって異なりますが、1か月以上とやや長い期間に設定されていることが多いです。
引っ越しを計画するときは早めに退去日を連絡するだけでなく、次の引っ越し先を見つけたり荷造りを進めておいたりすると、スムーズに手続きができます。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
土地建物の売却でお困りでしたら、弊社までご連絡ください。


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|駅徒歩20分の賃貸物件の駅からの距離やメリット・デメリットも解説!   記事一覧   車庫証明が取れない!次の引っ越しで車庫証明を取る方法!|次へ ≫

トップへ戻る