【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 一人暮らし用の賃貸物件で同居はなぜNG?同居がばれるとどうなるかも解説

一人暮らし用の賃貸物件で同居はなぜNG?同居がばれるとどうなるかも解説

一人暮らし用の賃貸物件で同居はなぜNG?同居がばれるとどうなるかも解説

一人暮らしをしている賃貸物件で、同棲やルームシェアを始めたいと考える方は少なくありません。
しかし大家に無断で同居人を増やすと、最悪のケースでは退去を迫られてしまいます。
今回は、一人暮らし用の賃貸物件でなぜ同居をしてはいけないのか、同居がばれるとどうなるのかを解説します。

一人暮らし用の賃貸物件でなぜ同居してはダメなの?

一人暮らし用の賃貸物件では、二人暮らしやルームシェアを禁止している場合がほとんどです。
同居が禁止されている理由としては、主に生活音をめぐるトラブルが挙げられます。
一般的に、一人暮らしよりも二人暮らしのほうが生活音は大きくなる傾向にあります。
もし、他の入居者が一人暮らしの方ばかりのなかに二人以上で同居している入居者がいたら、彼らの生活音が一人暮らしの方に迷惑になるのは想像に難くないのではないでしょうか。
そのため近隣との騒音トラブルを事前に回避すべく、同居を禁止しているケースは少なくありません。
また二人暮らしの場合、一人暮らしよりもトイレや浴室などの使用頻度が増えて、設備が劣化しやすくなります。
そもそも一人暮らし向けの部屋は、一人で使用することを想定して設備や建材も選ばれています。
そういった点も、一人暮らし用の賃貸物件で同居が禁じられている理由のひとつです。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

一人暮らし用の賃貸物件で同居がばれるとどうなる?

では一人暮らし用の賃貸物件での同居がばれると、一体どうなってしまうのでしょうか。
同居していることが発覚すると、一般的にはまず大家さんや管理会社から同居を解消するように求められます。
ここでその求めに応じて同居をただちにやめれば、違約金の支払いや退去を求められないケースもあります。
しかしそれに応じず、同居を解消しない場合は、契約更新を断られてしまいかねません。
また賃貸物件の契約書に「二人入居不可」と明記されている場合は、ルール違反を問われて違約金を請求されたり、退去を求められたりする可能性もあります。
すぐに立ち退きを要求されるケースはほぼありませんが、警告を受けたらすぐに対応するようにしましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

一人暮らし用の賃貸物件で同居がばれるとどうなる?

まとめ

一人暮らし用の賃貸物件は、そもそも単身者を想定した設計になっており、他の入居者とのトラブルにもなりかねないため、ほとんどの場合で同居は禁止されています。
もしそのような物件で大家さんや管理会社に無断で同居を始めてしまうと、契約違反を問われて更新を断られてしまう可能性があります。
また場合によっては違約金や強制退去を求められかねないため、注意が必要です。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロがサポートいたします。
大阪市中央区にてお部屋探しをしている方は、弊社までご連絡ください。


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|駅徒歩20分の賃貸物件の駅からの距離やメリット・デメリットも解説!   記事一覧   車庫証明が取れない!次の引っ越しで車庫証明を取る方法!|次へ ≫

トップへ戻る