【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件でトラブルが起きたときの問い合わせ先は?対策方法も解説

賃貸物件でトラブルが起きたときの問い合わせ先は?対策方法も解説

賃貸物件でトラブルが起きたときの問い合わせ先は?対策方法も解説

賃貸物件に入居していると、設備の不調や近隣住民の騒音など、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。
そのような状況に陥ったとき、どのように問題を解決すれば良いのでしょうか。
そこで今回は、賃貸物件でトラブルが起きたときの問い合わせ先や解決するコツ、また対策方法も解説します。

賃貸物件でトラブルが起きたときの問い合わせ先は?

賃貸物件でトラブルが起きたら、まず大家さんや管理会社に相談しましょう。
水漏れやエアコン・給湯器などの設備の故障に関しては、自分で対処する前に所有者である大家さんの判断を仰ぎます。
騒音や悪臭など、近隣住民との間に発生したトラブルについては、入居者との調整が必要です。
自ら相手方に声を掛けることを考える方もいるかもしれませんが、さらに大きなトラブルに発展する可能性があるので、大家さんや管理会社に対応を任せましょう。
敷金を返還してもらえない、家賃を滞納して退去を求められたなど賃貸借契約に関するトラブルについては、専門機関へ相談することもひとつの方法です。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

賃貸物件のトラブルを解決するためのコツは?

賃貸物件でのトラブルをスムーズに解決するためのコツとして、賃貸借契約書の内容を把握しておくことが挙げられます。
賃貸借契約書には、適切に入居するためのルールや、トラブルが発生した際の対処方法などの重要な内容が記載されています。
内容を理解していないと自分自身が知らぬ間にルール違反をしてしまう可能性もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。
また、実際に発生したトラブルについては手元に証拠を残しておくことも大切です。
とくに、騒音など入居者同士のトラブルについては、証拠がないと大家さんや管理会社が適切に状況を判断できないため、録音や写真撮影をおすすめします。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

賃貸物件でトラブルが起きないための対策方法とは?

賃貸物件の入居時に発生するトラブルを未然に予防することを目的として、国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を定めています。
実際にトラブルが起きたときの対処方法も明記されているため、事前に内容を読み込んで知識を身につけることが大切です。
また、入居後のトラブルを防ぐためには、物件選びも注意深くおこなう必要があります。
下の階に響く生活音を気にするのであれば1階を、上の階の騒音を防ぎたいのであれば最上階を選ぶなどして対策できます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

賃貸物件でトラブルが起きないための対策方法とは?

まとめ

賃貸物件でトラブルが起きたら、まず大家さんや管理会社に連絡しましょう。
敷金の返還や強制退去など、賃貸借契約に関するトラブルについては、専門機関に相談することをおすすめします。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|駅徒歩20分の賃貸物件の駅からの距離やメリット・デメリットも解説!   記事一覧   車庫証明が取れない!次の引っ越しで車庫証明を取る方法!|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る