【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 年収400万円の手取り額は?家賃目安や生活レベルについて解説

年収400万円の手取り額は?家賃目安や生活レベルについて解説

年収400万円の手取り額は?家賃目安や生活レベルについて解説

満足度の高い生活を維持するには、家賃を適正内に収めることが大切です。
日本の給与所得者の平均的な年収は433万円とされています。
今回は、年収400万円の世帯を例として手取り額や家賃の目安、生活レベルについて解説します。

年収400万円の手取り額について解説

家賃目安を知る前にはまず、月の手取り額を把握する必要があります。
ボーナス有無に分けて、年収400万円の月の手取り額目安を解説します。
比較するためにボーナスを含めて年収400万円になるように算出します。

ボーナスあり

400万円×0.8÷(12か月+2か月)=約22万円

ボーナスなし

400万円×0.8÷12か月=約26万円

手取り額とは一般的に、所得税や健康保険料などが差し引かれた金額です。
よって年収400万円の手取り額は約22万円~約26万円になります。
ボーナスありの方が月の手取り額が低いですが、実際にはボーナスの金額によって差が出ます。
あくまで目安の金額と捉えてください。
400万円×0.8÷12か月=約26万円

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

年収400万円の家賃の目安について解説

一般的に家賃の目安額は収入の3割とされています。
手取り額を1万円区切りにして家賃目安を見てみましょう。

●手取り22万円 家賃目安6.6万円
●手取り23万円 家賃目安6.9万円
●手取り24万円 家賃目安7.2万円
●手取り25万円 家賃目安7.5万円
●手取り26万円 家賃目安7.8万円


パートナーがいる場合はもう少し高い家賃の物件でも大丈夫です。
2人分の収入がある場合は世帯年収をもとにして、家賃の目安を算出しましょう。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

年収400万円の生活レベルについて解説

1人暮らしの場合

年収400万円の1人暮らしであれば月々4万円程度の貯金ができます。
食費は1日あたり約1.5千円で、自炊をしたり、外食を減らせば節約できます。
上記のように食費を抑えると、家賃目安を上げることが可能です。
逆に家賃目安を下げ、生活費を上げる方法もあるので、自分のライフスタイルにあった生活をしましょう。

2人暮らしの場合

同棲や結婚により2人暮らしの生活になる場合、ある程度のお部屋の広さが必要で家賃が高くなります。
2人の生活を維持するために水道光熱費も増加します。
そのため、1人暮らしのときよりも節約する場面が増えるのでパートナー同士の協力が大切になります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

年収400万円の生活レベルについて解説

まとめ

年収400万円の方の手取り額は月当たり約22万円~約26万円なので、それに見合った家賃のお部屋を探しましょう。
1人暮らしの生活であれば、目安よりも高い家賃に住んだり、生活に余裕ができます。
2人暮らしになると、外食を減らしたり、生活費を工夫する必要があります。
自分のライフスタイルに合わせ、無理せずに適切な家賃で生活することが大切です。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロにお任せください。
浪速区へお引っ越しの際は、ぜひ弊社までご相談ください。


≪ 前へ|シングルマザーの賃貸借契約時のポイントとは?入居審査や助成金もご紹介   記事一覧   家賃を払えない場合のリスクと対処法とは?利用できる公的制度も解説!|次へ ≫

トップへ戻る