【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 1DKの部屋の特徴・広さ別のレイアウト・注意点について解説!

1DKの部屋の特徴・広さ別のレイアウト・注意点について解説!

1DKの部屋の特徴・広さ別のレイアウト・注意点について解説!

一人暮らしにおすすめなのが1DKの部屋です。
しかし、1Kや1LDKとの違いがわからない、どんなレイアウトが適しているかイメージできない方もいるのではないでしょうか。
ここでは、賃貸物件を検討している方へ1DKの特徴と広さ、レイアウトにおける注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

1DKの部屋の特徴とは?

1DKとは、1つの部屋のほかにダイニングキッチンがある間取りのことです。
居室とキッチンが分かれているのが特徴で、生活に区切りをつけやすい、衣類や家具に料理のにおいが付きにくいメリットがあります。
ダイニングの広さは物件により4.5畳〜8畳とさまざまであり、確認は必須です。
窓や水回りのレイアウトで住みやすさが異なるため、動線を考えながら検討すると良いでしょう。
築年数が古い物件が多く家賃も1LDKより割安のため、1Kでは狭いけれど1LDKは予算に合わない、ゆったり一人暮らしをしたい方におすすめです。
また、1Kより収納がたくさんあるのも魅力のひとつです。

▼この記事も読まれています
定期借家契約とは?普通借家契約との違いやメリット・デメリットをご紹介

1DKの広さ別のレイアウトとは?家具や家電の選び方

1DKの広さは25㎡〜35㎡と幅があり、家具のサイズとレイアウトが暮らしやすさに直結します。
部屋の広さ合ったサイズの家具を選ばないと圧迫感が出てしまうかもしれません。
暮らしに最低限必要な家具や家電には、ベッド・テーブル・ソファ・デスク・テレビ・冷蔵庫・洗濯機などが挙げられます。
ベッドは25㎡・30㎡の広さならシングル、35㎡でセミダブルのベッドが置けます。
2人がけのソファが置けるのは30㎡以上、ワークデスクが置けるのは35㎡以上の広さがある部屋です。
1DKの平均的な広さは35㎡で、一人暮らしで必要な家具がすべて置けるサイズです。
一般的な1DKの型としては、ダイニングキッチンに直接玄関がある玄関一体型、トイレや浴室が部屋から独立している水回り独立型があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に必要となる更新料の概要や支払わない場合に考えられるリスク

1DKのレイアウトにおける注意点

1DKはリビングスペースがないため、家具選びがレイアウトのポイントになります。
注意点は、なんとなく家具を選ぶのではなく、サイズ感を意識することです。
背の高い家具はできるだけ減らして視線を低くすると、部屋の圧迫感が少なくなります。
ローテーブルやソファベッドなど、折りたたんで収納できる家具が便利です。
ダイニングテーブルをローテブルに、お気に入りのラグを敷いてローソファーを置けば憩いの空間にもできるでしょう。
在宅ワークが多い方なら、昇降式デスクやバタフライテーブルを利用し、仕事以外の時間は収納することでスペースを確保できます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

1DKのレイアウトにおける注意点

まとめ

1DKはひとつの部屋のほかにダイニングキッチンがあり、寝食が分けられる間取りが特徴で、安めの家賃でゆったり暮らしたい方におすすめです。
部屋の広さに合ったサイズの家具を選ぶなど、注意点に気を付けながら生活スタイルに合わせたレイアウトを心がけましょう。
私たちAFLOでは、賃貸物件の管理に関するご相談を受け付けています。
大阪市浪速区・中央区で管理会社をお探しの方、所有する収益物件のリノベーションについてのご相談は、お気軽に弊社までお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|手取り20万円で一人暮らし!生活費などの内訳をご紹介!   記事一覧   西田辺駅にある学校法人たつみ学園 ながいけ認定こども園のご紹介|次へ ≫

トップへ戻る