【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > ペット可の賃貸物件の選び方とは?失敗しないコツや注意点を解説

ペット可の賃貸物件の選び方とは?失敗しないコツや注意点を解説

ペット可の賃貸物件の選び方とは?失敗しないコツや注意点を解説

大切な家族の一員であるペットと一緒に引っ越しする場合、「ペット可」の賃貸物件を選ばなければなりません。
ペット可の賃貸物件は大きく3つの種類に分かれますが、それぞれどのような特徴を持っているのでしょうか。
今回はペット可の賃貸物件を選ぶ際に失敗しないためのコツや注意点もあわせて解説します。

ペット可の賃貸物件の選び方①種類

ペット可の賃貸物件には、大きく「ペット可」「相談可」「共生型」と3つの種類があります。
「ペット可」の場合は、飼育できる頭数や大きさに制限がある場合がありますが、原則としてペットと一緒に入居できる賃貸物件です。
「相談可」の場合は、大家さんがペットの飼育を認めるかどうかを判断する物件で、ペットの種類や大きさに応じて入居の可否が決まります。
「共生型」はペットとの同居を前提に設計された住宅であり、ペット専用の設備が用意されているケースが多いことが特徴的です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

ペット可の賃貸物件の選び方②コツ

ペット可の賃貸物件を選ぶ際は、飼うペットの特徴に合わせて入居する賃貸物件を決めましょう。
たとえば犬の場合は運動量が豊富なため、関節や骨に負担がかかるフローリングが極力使われていない賃貸物件を選ぶことがおすすめです。
独立心が強い猫の場合は、飼い主と居住空間を分けられるかどうか、爪とぎをする際に傷つきにくい柱・床かどうかなどをたしかめると良いでしょう。
ケージのなかで飼うことが多い小動物の場合は、においや騒音によるトラブルを避けやすい住環境を選ぶことがポイントです。

▼この記事も読まれています
デザイナーズ賃貸マンションは個性がウリ!メリット・デメリットは何?

ペット可の賃貸物件の選び方③注意点

ペット可の賃貸物件に住む場合は、まずアパート・マンションの規約を細かく確認することが大切です。
犬の飼育が認められていたとしても「大型犬は不可」といった規約が設けられている可能性があり、知らずに入居すると退去を求められるなどのトラブルに見舞われます。
また退去時に支払う原状回復費用が高額になりがちな点にも注意しましょう。
フローリングにはマットを敷いて劣化を防ぐ、剥がせるタイプの壁紙を貼る、日常的に消臭スプレーを使ってにおいを除去するといった対策を積み重ねることで、原状回復費用を抑えやすくなります。

▼この記事も読まれています
一人暮らしで利用したい家電レンタルのメリットとは?

ペット可の賃貸物件の選び方③注意点

まとめ

ペット可の賃貸物件には主に3つの種類があり、それぞれ入居できる動物の種類や大きさ、設備の内容などが異なります。
ペット可の賃貸物件を選ぶ際は、飼う動物の特徴に合った部屋を選びましょう。
また、入居前には規約の確認を徹底し、原状回復費用を安く抑える対策をおこなうことも大切です。
私たちAFLOでは、大阪市中央区にある賃貸物件を豊富にご紹介しております。
大阪市中央区にてお部屋探しをしている方は、弊社までご連絡ください。


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|手取り20万円で一人暮らし!生活費などの内訳をご紹介!   記事一覧   西田辺駅にある学校法人たつみ学園 ながいけ認定こども園のご紹介|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る