【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 駅徒歩15分の賃貸物件の距離とは?住むメリット・デメリットもご紹介!

駅徒歩15分の賃貸物件の距離とは?住むメリット・デメリットもご紹介!

駅徒歩15分の賃貸物件の距離とは?住むメリット・デメリットもご紹介!

公共交通機関で通勤・通学しなければいけない方なら、賃貸物件選びにおいて駅までの距離が気になるでしょう。
とくに、駅徒歩15分の賃貸物件を検討しているのであれば、具体的に駅までどれくらいの距離があるのか知っておくと良いです。
今回は駅徒歩15分はどのくらいの距離なのか、駅徒歩15分の賃貸物件に住むメリット、物件選びのポイントについて解説します。

駅徒歩15分の賃貸物件はどれくらいの距離か?

不動産広告において「徒歩○分」と表示するときのルールとして、徒歩1分は80m(端数切り上げ)と定められています。
そのため、駅徒歩15分の物件は駅まで約1,200mの距離があるということになります。
約1,200mを自転車で移動する場合、漕ぐスピードが時速15kmなら6分ほどで駅に着く計算です。
しかしこれはあくまで距離だけを参考にした数字であり、実際にかかる時間は必ずしもこの目安どおりとは限りません。
駅までの道中に信号が多い、通勤通学の時間帯は人通りが多く自転車を早く漕げないといった理由で、もっと時間がかかることもあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

駅徒歩15分の賃貸物件に住むメリット・デメリット

駅徒歩15分の賃貸物件は、駅そばの物件よりも家賃が安く設定されていることが多いです。
また線路や駅・大型商業施設や繁華街から離れていて、静かな住環境の物件が多いこともメリットと言えます。
一方、駅徒歩15分という距離は通勤・通学に時間がかかるデメリットがあり、雨で自転車が使えない日や暑さ・寒さが厳しい日はとくに大変です。
さらに駅から離れると人通りの少ない道が増え、とくに女性は夜道を歩く際に不安を感じる場合もあります。

▼この記事も読まれています
デザイナーズ賃貸マンションは個性がウリ!メリット・デメリットは何?

駅徒歩15分の賃貸物件を選ぶ際のポイント

一口に駅徒歩15分と言っても、実際に駅まで何分で着けるかは道路環境などに大きく左右されます。
通勤・通学がどれくらい大変かシミュレーションするため、物件を契約する前に駅まで自分で歩いてみるのがおすすめです。
その際生活に必要な施設(スーパーマーケットなど)が近くにあるか、治安が良く夜道の一人歩きに不安がないかなど、周辺環境もチェックしておきましょう。
また駅まで徒歩15分の物件では自転車を使うことで大幅な時間の節約になるため、自転車置き場が完備されているかも大切なチェックポイントです。
物件の自転車置き場はもちろん、駅の自転車置き場によっても通勤・通学の利便性が大きく変わってきます。
利用する駅の自転車置き場が駅の入口から離れていると、実際に移動する時間に大きく影響する可能性があります。

▼この記事も読まれています
一人暮らしで利用したい家電レンタルのメリットとは?

駅徒歩15分の賃貸物件を選ぶ際のポイント

まとめ

駅徒歩15分の賃貸物件は通勤・通学がやや不便ですが、家賃が安いといったメリットも多いです。
良い賃貸物件がなかなか駅近くで見つからないと困っている方は、駅まで少し遠い物件も視野に入れてお部屋探しをしてみてはいかがでしょうか。
私たちAFLOでは、大阪市中央区にある賃貸物件を豊富にご紹介しております。
大阪市中央区にてお部屋探しをしている方は、弊社までご連絡ください。


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|不動産を購入するとかかる都市計画税とは?計算方法や軽減措置もご紹介!   記事一覧   同棲カップルの家賃目安とは?負担割合や家賃を抑える方法をご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る