【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件でにおいを発生させない方法とは?悪臭の原因や対策をご紹介!

賃貸物件でにおいを発生させない方法とは?悪臭の原因や対策をご紹介!

賃貸物件でにおいを発生させない方法とは?悪臭の原因や対策をご紹介!

賃貸物件では環境や部屋の使い方によってにおいを発生させてしまう可能性があるため、悪臭の原因を知って対策することが大切です。
部屋を清潔に保っていても物件選びを誤ると悪臭トラブルが発生してしまうため、物件の表面的な情報だけで契約を決めないようにしたいものです。
そこで今回は悪臭の原因や賃貸物件を選ぶためのチェックポイント、におい対策についてご紹介します。

賃貸物件でにおいトラブルが起きる原因

賃貸物件で起きるにおいトラブルには、排水管や下水管の状態が影響している可能性があります。
たとえば、食べカスや髪の毛、皮脂などが排水管に付着して時間がたち、ぬめり汚れとなると悪臭が発生します。
掃除をしても水回りのにおいが消えない場合は、排水管の破損が悪臭の原因かもしれません。
通常、排水管にはあえて水が溜まるトラップが設置されていて、下水管からの悪臭や害虫が室内に入ってこない仕組みとなっています。
しかし、排水管の劣化や破損によってトラップが機能しなくなると、ヒビ割れなどが起こり下水管のにおいが部屋に充満してしまいます。
また、部屋の換気状態が悪く、カビがにおいの原因となるケースがある点にも注意が必要です。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

においが発生しにくい賃貸物件を探すためのチェックポイント

賃貸物件を探すときは、部屋に入ったときのにおいをまずチェックしてみてください。
玄関や室内のドアを開けたときに悪臭がする場合、水回りに不具合があったり、部屋の換気状態が悪かったりする可能性があります。
また、壁紙やフローリング、畳からにおいが発生しているケースもあるため、においに違和感がある場合はしっかり原因を探ることが大切です。
契約したい賃貸物件のにおいが気になる方は、不動産会社の担当者に改善が可能かどうか相談してみましょう。
内覧では、風通しの良さをチェックすることも大切です。
風通しが悪いとカビ汚れが発生しやすくなるため、入居後ににおいに悩まされるかもしれません。
とくに周りを高い建物で囲まれている物件は風通しや日当たりが悪く、湿気が溜まりやすい傾向があります。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

賃貸物件でにおいを発生させないための対策

住んでいる部屋で悪臭トラブルを防ぐためには、とくに水まわりをこまめに掃除することが重要です。
洗面台では髪の毛や皮脂汚れ、キッチンでは食べカスや油汚れを取り除き、専用クリーナーなどを活用しながら清潔に保ちましょう。
トイレやお風呂場の掃除を怠ることもにおいの原因につながるため、定期的な清掃が大切です。
また、においや湿気をこもらせないために、換気を習慣化することもおすすめします。
朝起きたら窓を開けて風を通す、クローゼットの扉を開放して空気を入れ替えるなどの対策をおこないましょう。
靴箱やトイレなどにおいが気になる場所には、におい対策グッズを置くのもおすすめです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

賃貸物件でにおいを発生させないための対策

まとめ

賃貸物件でにおいトラブルが発生するとストレスを感じやすくなるため、住む前と住んだ後の対策が大切です。
住む前はチェックポイントを確認しながら物件選びを慎重におこなうこと、住んだ後は清掃や換気をこまめにおこなうことを心掛けてみてください。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロがサポートいたします。
部屋探しだけでなく、収益物件に関するご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|駅徒歩20分の賃貸物件の駅からの距離やメリット・デメリットも解説!   記事一覧   車庫証明が取れない!次の引っ越しで車庫証明を取る方法!|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る