【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 1Kのレイアウトのコツとは?レイアウトしやすい部屋の探し方も解説!

1Kのレイアウトのコツとは?レイアウトしやすい部屋の探し方も解説!

1Kのレイアウトのコツとは?レイアウトしやすい部屋の探し方も解説!

快適な暮らしのためには、家具のレイアウトも重要なポイントです。
間取りに合わせたレイアウトでないと、使い勝手が悪くなったり、バランスが悪くなったりするので注意してください。
今回は、1Kの部屋の特徴やレイアウトのコツ、レイアウトしやすい1Kの探し方を解説します。
賃貸物件を探している方は、ぜひ参考にしてください。

レイアウトのために知っておきたい!1Kのお部屋の特徴とは

1Kとは、ひとつの居室と、扉を介してキッチンがある間取りです。
部屋の中にキッチンがあるワンルームと比較すると、平均面積は少し大きめで25㎡ほどのケースが多い特徴があります。
コンパクトな作りである分、家賃や光熱費が安く済み、一人暮らしにも人気の間取りです。
また、玄関・キッチンと居室の間に仕切りがないワンルームと異なり、1Kの部屋は玄関・キッチンと居室がドアや壁で仕切られ、居室が完全に独立しているのも特徴です。
居室とキッチンが分かれているので、家具を配置しやすく、キッチンのニオイが服や家具に染みつく心配がないといった利点があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の表札は手作りできる? アイデア例や注意点も

1Kの部屋をレイアウトするコツとは

コンパクトな作りの1Kでは、存在感のあるベッドのレイアウトがポイントです。
ベッドはできる限り部屋の壁に沿って配置するのがコツで、可能であれば角に置いておくのが良いでしょう。
中央に配置してしまうと周囲にデッドスペースが生まれるので、他の家具の配置が難しくなり、使い勝手が悪くなりやすいです。
また、対角線上をすっきりとさせるのもコツと言えます。
部屋に入ってまず目に入るのが部屋の対角線上なので、物が多いと窮屈な印象を与えてしまいます。
家具を複数置きたい場合、対角線上には背の低い家具を配置して、物を置きすぎないように心がけましょう。
ほかに、部屋のテーマを決めて、統一感を出すのもコツです。
家具の色やデザインを合わせて選ぶと、おしゃれですっきりした雰囲気を楽しめます。

▼この記事も読まれています
デザイナーズ賃貸マンションは個性がウリ!メリット・デメリットは何?

レイアウトしやすい1Kの探し方とは

三角形の部屋や、柱や梁で凸凹のある部屋はレイアウトが難しいので、部屋選びの際には正方形や長方形など、四角形の部屋がおすすめです。
また、収納スペースが十分かどうかも、部屋の探し方のポイントです。
荷物が多く、収納が足りない場合には、ワードローブやハンガーラックなどを置くスペースを考慮して部屋を選ぶと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
一人暮らしで利用したい家電レンタルのメリットとは?

レイアウトしやすい1Kの探し方とは

まとめ

以上、1Kのレイアウトについて解説しました。
1Kはコンパクトながら、独立した居室があるのが特徴で、レイアウトの際にはベッドの配置やテーマの設定がコツです。
レイアウトしやすさも考慮して、部屋探しでは部屋の形状や収納もチェックしましょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロお任せください。
大阪市浪速区・中央区で管理会社をお探しの方、所有する収益物件のリノベーションについてのご相談は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|駅徒歩20分の賃貸物件の駅からの距離やメリット・デメリットも解説!   記事一覧   車庫証明が取れない!次の引っ越しで車庫証明を取る方法!|次へ ≫

トップへ戻る