【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 女性の一人暮らしにおすすめの間取りとは?間取りを比較してご紹介!

女性の一人暮らしにおすすめの間取りとは?間取りを比較してご紹介!

女性の一人暮らしにおすすめの間取りとは?間取りを比較してご紹介!

女性が一人暮らしをする場合、どのような間取りの部屋を選ぶと良いのでしょうか。
とくにおすすめとされているのは、ワンルーム・1DK・1LDKの間取りですが、それぞれの利点がわからないと選びづらいものです。
そこで今回はワンルーム・1DK・1LDKそれぞれの特徴や向いている方をご紹介します。

女性の一人暮らしに向いた間取りを比較①ワンルーム

ワンルームの部屋はキッチンと居住スペースがつながっている間取りで、玄関のドアを開けるとすぐ部屋が見える特徴があります。
大きなメリットは家賃が安いことですが、掃除がしやすい、冬場に寒い廊下に出ずお風呂やトイレに行けるといった点もメリットです。
しかし、荷物を置けるスペースが限られる、玄関からすぐ部屋全体が見えるため友人・知人を呼びにくいといったデメリットもあります。
荷物が少なくて人を家に呼ぶ予定がなく、家賃をできるだけ抑えたい方に向いている間取りです。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

女性の一人暮らしに向いた間取りを比較②1DK

1DKの間取りは生活・睡眠スペースの1部屋に、ダイニング・キッチンがついているのが特徴です。
ワンルームや1Kと比較して収納スペースが広い、インテリアのレイアウトをしやすいといったメリットがあります。
友人を部屋に呼んでもダイニングで食事やおしゃべりができ、寝室や着替えのスペースを見られずに済みます。
また、ワンルームとは違いキッチンと生活スペースが分かれており、キッチンのにおいを気にせず生活できるのもメリットです。
1DKは一人暮らしで自炊を頑張りたい方や、部屋に友人を呼んで一緒に食事をしたい方に向いている間取りと言えます。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

女性の一人暮らしに向いた間取りを比較③1LDK

1LDKの間取りは寝室や趣味のために使える部屋に加え、8畳以上のリビング・ダイニング・キッチンがあることが特徴です。
広い収納スペースがあり荷物が多くても大丈夫な点、新しい物件が多く設備の整った部屋を見つけやすいといったメリットがあります。
しかし、家賃がワンルームや1DKより高くなり、予算内で希望エリアの駅チカ物件を見つけにくくなるのはデメリットです。
また、部屋が広いことは掃除が大変になること、冷暖房費・光熱費がかかりやすいことも意味しています。
多少お金や家事をする時間に余裕がある社会人で、荷物が多くても快適に暮らしたい方に向いている間取りです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

女性の一人暮らしに向いた間取りを比較③1LDK

まとめ

女性が一人暮らしをするなら、ワンルーム・1DK・1LDKそれぞれの特徴を比較して自分に合った間取りの部屋を選ぶのがおすすめです。
はじめての一人暮らしで家賃の安さや駅からの近さを重視するなら、持ち込む荷物を減らしてワンルームや1DKの部屋を検討するのも良いかもしれません。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロへ。
住まい探しの際は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|駅徒歩20分の賃貸物件の駅からの距離やメリット・デメリットも解説!   記事一覧   車庫証明が取れない!次の引っ越しで車庫証明を取る方法!|次へ ≫

トップへ戻る