【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 手取り13万円で一人暮らし?家賃目安や部屋の探し方・生活費をご紹介

手取り13万円で一人暮らし?家賃目安や部屋の探し方・生活費をご紹介

手取り13万円で一人暮らし?家賃目安や部屋の探し方・生活費をご紹介

一人暮らしを検討している方で、給料が少ないからなかなか踏み出せない方もいらっしゃると思います。
手取り額が低い場合の家賃目安や、生活費としてどのくらい確保しておけば問題ないか気になる方も多いでしょう。
今回は、手取り13万円で一人暮らしをおこなう際の家賃目安や部屋の探し方、生活費の内訳についてご紹介します。

手取り13万円で一人暮らしする家賃目安とは?

家賃の目安を決める際には、給与の総額ではなく手取り額を基本として計算すると良いでしょう。
家賃は手取り額の約3分の1が目安とされており、手取り13万円の場合、約4.3万円以下の家賃であれば一人暮らしが可能です。
それ以上の金額の家賃に住む場合、生活が難しくなるでしょう。
約4.3万円以下の家賃の賃貸物件に住んだ場合でも、水道光熱費や食費などを切り詰めて生活しなければいけません。
貯蓄なども難しくなるため、家賃の目安は超えないようにしましょう。
また、家賃以外にも管理費が必要となり、家賃に管理費が含まれていない場合もあるため、確認が必要です。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

手取り13万円で一人暮らしする際の部屋の探し方とは?

手取り13万円で一人暮らしをする際の部屋探しには、家賃相場の低いエリアで部屋を探すと良いでしょう。
都市部は家賃相場が高い傾向にあり、安い場合は条件が悪い部屋が多くあります。
そのため、少し都市部から離れた家賃相場が低いエリアでの部屋探しがおすすめです。
各駅停車の駅周辺も良いでしょう。
急行や特急が停車するエリアは、家賃相場が高いですが、隣の各駅停車する駅で賃貸物件を借りた場合家賃を抑えられます。
また、アパートタイプの賃貸物件を探す方法もあります。
マンションに比べ部屋数が少ないアパートは、維持管理費が安くなるため、家賃が安い場合が多いです。
セキュリティ面に不安がある方にはおすすめできませんが、一人暮らしに慣れている方や男性にはおすすめです。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

手取り13万円で一人暮らしをする際の生活費の内訳とは?

手取り13万円で一人暮らしをする際の生活費は、家賃以外にも食費や水道高熱費などさまざまな費用が必要です。
一人暮らしの食費は、月に3万円程度が目安です。
1日あたりの食費が1,000円となるため、外食などは控えて、節約のために自炊が必要でしょう。
水道光熱費は、1万円が目安です。
地域や季節によって変動する費用ですが、契約しているアンペア数の変更や家電の使い方の見直すと、節約に繋がります。
スマートフォンやインターネット回線の費用も生活費に含まれ、5,000円を目安にすると良いでしょう。
スマートフォンを格安SIMへの変更や、Wi-Fiのプランの見直しなどによって節約が可能です。
その他、交通費や交際費などさまざまな費用があります。
一人暮らしをする際は、毎月なににどのくらい必要か事前に計画を立てておくと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

手取り13万円で一人暮らしをする際の生活費の内訳とは?

まとめ

手取り13万円で一人暮らしをおこなう際の家賃目安や部屋の探し方、生活費の内訳についてご紹介しました。
家賃相場の低いエリアで部屋探しをおこなうと生活費を抑えられます。
その他の生活費は毎月どのくらいかかるか予算を立て、生活費全体の把握をすると良いでしょう。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロにお任せください。
大阪市浪速区・中央区で管理会社をお探しの方、所有する収益物件のリノベーションについてのご相談は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|シングルマザーの賃貸借契約時のポイントとは?入居審査や助成金もご紹介   記事一覧   家賃を払えない場合のリスクと対処法とは?利用できる公的制度も解説!|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る