【公式】口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > 賃貸物件のおとり物件とは?法的規制や見分け方も解説!

賃貸物件のおとり物件とは?法的規制や見分け方も解説!

賃貸物件のおとり物件とは?法的規制や見分け方も解説!

良い物件を見つけて問い合わせたが実際は空室がなかった、などのトラブルは少なくありません。
賃貸物件の住まい探しにおいて、そのようなおとり物件には、とくに注意する必要があります。
今回は、おとり物件の説明に加え、法的規制や見分け方についても解説します。
賃貸物件への入居を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

賃貸物件のおとり物件とは

賃貸物件におけるおとり物件とは、実際は存在しない物件や、取引対象にならない、もしくは取引の意思のない物件を指します。
集客を目的に利用される架空物件であり、釣り物件とも呼ばれます。
不動産会社が、架空の物件であると認識していながらも掲載している、悪質なケースも存在するため注意しなければなりません。
本来であれば違法行為にあたりますが、現在も根絶にいたっていないのが現状です。
一方で、おとり物件は悪意から生じているわけではなく、不注意が原因の場合もあります。
たとえば、不動産会社が、情報を更新・管理できていなかったケースです。
インターネット上に掲載した時点では取引可能だったものの、のちに入居者が決まり、情報を消し忘れたまま更新したり広告を掲載したりした結果、おとり物件となってしまう場合もあります。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

賃貸物件のおとり物件に対する法的規制とは

おとり物件については、宅地建物取引業法32条において、誇大広告の禁止が定められています。
おとり物件は、著しく事実に相違する表示や、実物よりも著しく優良・有利と誤認させる表示にあたるため、該当すれば指示や業務停止処分がおこなわれる違法行為です。
とくに内容が悪質な場合には、免許取り消し処分を受ける可能性もあります。
そのほか、不動産公正取引協議会連合会による「不動産の表示に関する公正競争規約」でも、おとり物件に対する規制が細かく定められています。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

賃貸物件のお部屋探しにおけるおとり物件の見分け方

おとり物件の見分け方には、家賃の相場と比較する方法が挙げられます。
相場とかけ離れた安い家賃設定がされている場合には、おとり物件の可能性があるので、注意が必要です。
また、住所について詳細な情報が見当たらない場合も、注意してください。
通常、賃貸募集がおこなわれている物件の情報欄には、詳細な住所や物件名が記載されています。
住所に関する情報がなく、検索しても場所が特定できない場合は、実際に募集がおこなわれていない可能性があります。
不安を感じる場合は、現地待ち合わせによる案内を希望すると良いでしょう。
現地案内を断られる、不動産会社への来店を促されるといったケースは、おとり物件の可能性があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

賃貸物件のお部屋探しにおけるおとり物件の見分け方

まとめ

今回は、賃貸物件のおとり物件について解説しました。
おとり物件とは、集客を目的に掲載される架空物件で、故意によるものだけでなく、情報の消し忘れにより発生している場合もあります。
法的規制はありますが、家賃相場と比較する、住所に関する情報を調べるなどの方法で、自ら見極めるのも大切です。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロがサポートいたします。
部屋探しだけでなく、収益物件に関するご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。


不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|シングルマザーの賃貸借契約時のポイントとは?入居審査や助成金もご紹介   記事一覧   家賃を払えない場合のリスクと対処法とは?利用できる公的制度も解説!|次へ ≫

トップへ戻る