口コミ人気1位|大阪市の賃貸不動産会社株式会社アフロ > 株式会社アフロ AFLO心斎橋店のスタッフブログ一覧 > ルームシェアにおすすめの間取りは?お部屋選びの注意点もご紹介!

ルームシェアにおすすめの間取りは?お部屋選びの注意点もご紹介!

ルームシェアにおすすめの間取りは?お部屋選びの注意点もご紹介!

ルームシェアは家賃を抑えられるだけでなく、一人で暮らすより寂しくないことから、選択する方が増えています。
ただし、赤の他人であったパートナーとうまくやっていけるかどうか、不安を覚える方も多いでしょう。
今回は、ルームシェア向きの間取りや、ライフスタイルによるお部屋選び、お部屋を決める際の注意点について解説します。

ルームシェアのお部屋選びでおすすめの間取り

2人でルームシェアをおこなうのであれば、2つの居室をもつ2DKもしくは2LDKがおすすめです。
どちらの間取りも、2つの居室にくわえてDK(ダイニング・キッチン)もしくはLDK(リビング・ダイニング・キッチン)で構成されます。
DKは6畳以上でLDKは10畳以上が目安であるため、2LDKのほうが広々と暮らせる点がメリットです。
LDKに対してこだわりがないのであれば、3DKも選択肢のひとつに入ります。
3DKは3つの居室とDKからなる間取りで、余った1部屋は共用の収納スペースやゲストルームにするといった活用ができます。

▼この記事も読まれています
手取り15万円の一人暮らしは可能?家賃相場や生活費目安と節約方法

ライフスタイルによるルームシェアのお部屋選び

ともに時間を共有するよりはお互いのプライバシーを重視したい場合は、玄関から直接それぞれの居室に入れる間取りがおすすめです。
個室の間にDKやLDKを挟むと、お互いの生活音や気配も気にならなくなります。
一方、2人で過ごす時間を大切にしたい場合は、広めのLDKがある間取りを中心に探すとライフスタイルにマッチします。
共通の友人を招待してホームパーティーを楽しみたい場合は、3DKを選びDKの隣の個室とつなげて広い空間を作るのがおすすめです。
節約重視の方は、築年数の古い2DKや2K、ユニットバスやキッチンが小さい物件を選ぶと、家賃を抑えられます。

▼この記事も読まれています
4人家族に適した間取りを比較!2LDK・3LDK・4LDKの特徴とは?

ルームシェアのお部屋選びの注意点

ルームシェアをおこなうためのお部屋選びでは、ルームシェア可のお部屋を探すことが注意点として挙げられます。
2人入居可と書かれている物件は、親子や夫婦を想定していることが多いため、友人や恋人とのルームシェアが可能かどうかの確認が必要です。
また、トラブルを避けるためには、代表者契約ではなく連名契約を選ぶことをおすすめします。
連名契約はそれぞれ連帯保証人を立てなければならないなどの注意点もありますが、1人だけに請求がいくことがないため金銭面では安心です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去立会いとは?流れや持ち物についてご紹介

ルームシェアのお部屋選びの注意点

まとめ

2人でのルームシェアにおすすめの間取りは、2LDKや2DKもしくは3DKです。
ライフスタイルに合わせて間取りを選ぶことが、お互いに快適なルームシェアライフを送れるポイントです。
ただし、お部屋選びの際は、2人入居可の物件を選び、契約は連名契約にすることをおすすめします。
口コミ人気1位!大阪市の賃貸不動産を探すなら株式会社アフロにお任せください。
大阪市浪速区・中央区で管理会社をお探しの方、所有する収益物件のリノベーションについてのご相談は、お気軽に弊社までお問い合わせください!


≪ 前へ|部屋探しにはコツがある?良い賃貸物件を見つけるためのポイントを解説!   記事一覧   女子大生が一人暮らしを始める際の部屋選びにおけるポイントとは?|次へ ≫

トップへ戻る